ソフトバンク

2008/12/08

ハリーポッターとアイフォーンの在庫

ハリーポッター ハーマイオニー光る魔法の杖

今度ハリーポッターの作者が新刊を出すらしいが、ハリーポッターと言えば本屋にとって悪夢のように語られる事件があった。
それは5巻が発売されたとき。
ブームが一段落して需要が激減。
ところが取り次ぎを通さない買い取り販売だったため、返品することもできずに多くの書店が在庫の処分にたいへん困ったという事件だ。

→ジュンク堂のハリポタ不良在庫対策? ぬるオタが斬る

実はこれと似たような現象が、アイフォーンの販売現場でも起きている。
発売時は徹夜で並ぶ人も出るなど、大人気だったアイフォーンだが、現在ではソフトバンクの出荷台数の1%にも満たないという。

→飽和、値上げ追い打ち 不振 ケータイ販売 東京新聞

売れないなら仕入れなければいいじゃないと思うだろうが、そうは問屋が卸さない。
ソフトバンクがアップルからアイフォーンの販売権を獲得した際に、決まった数の販売を押しつけられているのだ。
古い話だが、初代iMacが販売されたときも、アップルが5色まとめて買い取るように要求して販売店が在庫の処分に苦労したということがあったので、理解しやすいと思う。
これと同じことがソフトバンクに起きているのだ。

ハリーのように、在庫リスクを小売りに押しつける魔法を使うアップル。
この強大な敵に対して、ソフトバンクはどのように立ち向かうのだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/05

ソフトバンク携帯による振り込め詐欺の被害総額は470億円

警察の発表によると、振り込め詐欺に使用された携帯電話の実に7割がソフトバンクだという。
ソフトバンクがボーダフォンを買収して
携帯電話に参入したのが平成18年の4月
警察発表を見ると、17年に減少している被害額が、18年から横ばいへと転じている。

振り込め詐欺の被害額

平成16年

平成17年

平成18年

平成19年

平成20年

被害総額

284億円

251億円

255億円

251億円

252億円

* 平成20年のみ1~10月

ソフトバンクが参入した平成18年から平成20年までの被害額の合計は、約758億円。
その7割がソフトバンクによるものとすると、約530億円。
平成18年の4月までをのぞいたとしても、被害額470億円は堅いと思われる。

振り込め詐欺(恐喝)の認知・検挙状況等について(pdf) 警視庁

関連

痛いテレビ: 振り込め詐欺にはソフトバンク携帯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/02

振り込め詐欺にはソフトバンク携帯

警察によると、振り込め詐欺に使われている携帯の7割がソフトバンクであることが分かった。

半年で2300台悪用=7割がソフトバンク製-振り込め詐欺の携帯電話・警察当局 時事通信

 全国の警察が振り込み詐欺への使用を把握した携帯電話約2300台を調べたところ、ソフト社が約7割を占め、NTTドコモは約2割、KDDIは1割未満だった。ソフト社の市場シェアは6月末時点で18.4%にすぎず、同社の割合が突出している。

携帯電話のシェアと犯罪使用率をグラフにしてみると、ソフトバンクだけが異常な割合で使用されているのがよく分かる。

携帯一台あたりの割合でいえば、ソフトバンクはドコモやAUの10倍以上犯罪に利用されていることになる。
まさに犯罪者御用達とも言えるソフトバンクの携帯だが、どうしてこのようなことになってしまったのだろうか?

少なくとも信用調査がいい加減であることは間違いないようだ。
今年の3月には、販売代理店の社員が外国人の客と共謀して不正に契約を結んだとして逮捕されている。
また、携帯端末の割賦販売で500億円の焦げ付きを出している。

関連

ソフトバンクのCDS(信用リスク)はついに大台の1000を超えた。

J-CDS

ソフトバンク「悪用携帯」No.1…本人確認「甘い」  ZAKZAK

「Y!ボタンで164円」ソフトバンクがトップページ有料化でいよいよ経営危機との声

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/29

ヤフーが50メガバイト973円のぼったくりプラン導入

ボッタクリ資本論―ゼニが来るヤツ逃げるヤツ (知恵の森文庫)

携帯のトップページ有料化や、説明書の有料化など、このところ値上げが続いているソフトバンクのサービスだが、今度はヤフーBBにぼったくりプランを導入することが明らかになった。

→「ヤフーBB」ADSL新サービス 最低月973円 - MSN産経ニュース

基本料金は973円で50メガバイトまで無料、それ以上は1メガバイトにつき20円の従量課金制となる。
50メガバイトというのは、ウィンドウズのアップデートやワクチンソフトのパターン更新ですぐに使い切ってしまう容量。
ブラウザでちょっとサイトを見たら、あっという間に5000円近く請求されてしまう。
インターネットはメールぐらいしか使わないという人でなければ、安くはならない。

こんなとんでもないプランを出してこなければいけないほど、ソフトバンクは追いつめられているのかと勘ぐってしまう。
企業の信用リスクを取引するCDSの数値は、危険水域を示す400を遥かに超えて1000に迫ろうとしている。

J-CDS

関連

ソフトバンクの詐欺的な商法について追求しているブログ

すさまじき値上げ攻勢 ソフトバンクのブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)