サニーサイドアップ

2009/02/21

【嘘がデカイ】やらせバーガーがサムライジャパンを応援

マクドナルドのクウォーター・パウンダーのWBC日本代表応援CMが始まった。
行列を偽装していたハンバーガーを食べて、北京五輪で実力を偽装していた日本代表を応援しようって、なんてブラックジョーク?

少し派手目の日米野球に「世界をつかもう」もないだろう。
そう、WBC自体も国際的な大イベントであるかのように偽装されている。

先日、アメリカに渡ったジャイアンツの元エース上原さんがブログでこう書いた。

マスコミの方々 kouji-uehara.net

いま日本ではWBCが話題になってるみたいやけど、残念ながらアメリカでは全くと言ってもいいぐらいニュースになっていない。せっかく世界で盛り上がってやっていこうっていう大会やのになぁ。しかもアメリカ側からやろうって言った大会でしょ?やっぱり少し残念やね。

開催地のアメリカではWBCのことなどこれっぽっちも話題になっていないのだ。
毎日毎日朝から晩までスポーツニュースでWBCのことを伝えているのは日本だけ。

アメリカで最も発行部数の多い雑誌USAトゥデイ。
そのサイトのMLBのところを見ても、WBCのことは書かれていない。
一番熱い話題はやっぱりスーパースターA-Rodアレックス・ロドリゲスの薬物疑惑だろうか。

→Baseball News USAToday

そしてA-Rod以外の有力選手、そのほとんどがWBCには参加しない。
理由はいろいろ考えられる。

  • 金にならない
  • キャンプの最中
  • ドーピング検査が嫌
  • そんなマジになるイベントじゃない

などが挙げられるだろう。
メジャーリーガーで参加するのは2流の選手だけ。
それは日本人も含めての話だ。

WBCに参加する日本人選手で満足な成績を収めているのはイチローと松坂ぐらいなもの。
城島も昨シーズンにはスタメン落ちしている。
後はもう話にならない。

WBCはイベントの大きさも、選手の実力も、ハンバーガーと同じように偽装されて過大評価されているのだ。

関連

WBC、開催国アメリカの“温度差” goo

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/02/14

「東京五輪に賛成7割」は捏造か

東京五輪の招致委員会が世論調査で7割の国民が賛成していると発表した。

→2016年東京五輪招致の支持は70・2% MSN産経ニュース

招致委員会はこのデータをもって、国際オリンピック協会(IOC)に「立候補ファイル」を提出
石原都知事は「民主党は2016年東京五輪に反対なのかはっきりしろ!国民の7割が支持してるのに五輪招致の国会決議をしない」と今月7日の定例記者会見で述べた。

しかしこの数字、日経ビジネスの55%が反対というデータと大きくかけ離れている。

→55%が東京招致に反対:NBonline(日経ビジネス オンライン)

東京都が招致を進めている、2016年の五輪大会。読者に賛否を聞いたところ、55.0%が反対と答えた。 経済効果を指摘する賛成派に対し、反対派は「もっと優先すべき政策課題があるはず」「経済効果より財政負担の方が重いのでは」といった理由を挙げた。

招致委員会が自らの利益のために行った調査という時点でアレだが、都が調査を依頼した「ヤフーバリューインサイト株式会社」という会社も疑わしい。
以前、Yahoo!が行ったアンケートでは明らかな操作が行われ、それ以来Yahoo!の出してくる数字は疑いの目で見られている。
そんな話をするまでもなく、調査料を出した依頼主に都合の悪いデータを出すわけもないが。

もうマスコミも自作自演のアンケートを垂れ流すのはやめるべきだ。
こんな信頼性のないデータで、1兆円とも言われる開催予算が影響を受けるべきではない。

関連

オリンピック及びパラリンピックの 2016年東京招致に関する世論調査について 東京五輪招致委員会

マクドナルドのやらせ行列に関わったサニーサイドアップと北島康介も、東京五輪誘致に参加している。

北島康介が『2016東京招致応援党』党首に就任! サニーサイドアップ

これも自作自演。

痛いテレビ: 「逆チョコ」自作自演アンケートに非難殺到!

痛いテレビ: 週刊新潮「五輪招致費で都立病院の産科医を雇え」

東京オリンピック誘致に反対する - 池田信夫 blog

データの罠―世論はこうしてつくられる (集英社新書)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/24

【嘘がデカイ】マクドナルド、名古屋でも行列

マクドナルドのハンバーガー「クォーターパウンダー」が名古屋でも発売され、あいにくの雪にもかかわらず400人が行列を作った。
夕方頃に行ってみたら、行列の最後尾は45分待ちとホワイトボードに書いてあった。
雪が降る中、45分もまずいハンバーガーを食べるために並ぶなんて、お金でも貰ってなければとてもやれるものじゃない。
行列を見た人たちは、口々に驚きや疑問の声を上げていた。

残念だったのは、行列の人数が大阪の3000人に遠く及ばなかったこと。
名古屋は製造業の雇用調整で失業者が増えているので、マクドナルドにはもう少し頑張ってほしかった。

関連

人気メニュー登場に行列 名古屋テレビ

24日から東海地区で先行発売となった名古屋駅近くのマクドナルドには、「クウォーターパウンダー」を買い求めようと400人もの人が並びました。

中嶋悟も「でらウマい!」 クォーターパウンダー名古屋上陸 東海ウォーカー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/10

年賀はがき6億枚売れ残る

お年玉くじ付き年賀はがき2009 デ・ジ・キャラット

今年もやっぱり売れ残り。

年賀状:売れ残り6億枚近く 大口予約キャンセルひびく 毎日jp

 日本郵政グループの郵便事業会社は9日、今年の年賀はがきの5日時点の販売枚数が35億3000万枚で、前年の同時期に比べ1.3%少ないことを明らかにした。今年の発行枚数は前年比2.9%増の41億3600万枚で、6億枚近くが売れ残っている。

昨年の売れ残りは4億枚。
毎年需要は減少傾向なのに刷る枚数を増やしたのは、職員に自腹を切らせて買い取らせるつもりだったのだろうか。
金券ショップに流れた分を含めると、いったい売れ残りの総数はいくらぐらいになるのか見当もつかない。

年賀はがきをめぐっては、再生紙配合比率の偽装、カーボンオフセット年賀はがきの大量廃棄など、数多くの問題がおきている。

関連

痛いテレビ: 年賀はがきの自爆営業

痛いテレビ: 各種エコ偽装まとめ

livedoor ニュース - 【トレビアン】『mixi年賀状』にセキュリティホール!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/25

【嘘がデカイ】きっかけは「たまご広告」

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 携帯タマゴホルダー M-7790

サニーサイドアップがマクドナルドの広告を受けたのは、おそらく「たまご広告」が初めて。
たまご広告とは、パック入りのたまごにシールを貼り付けて広告するもの。
チキンラーメンのようなたまごと関係の深い商品がターゲット。
その中に、マクドナルドの月見バーガーも含まれていた。

こちらのブログに写真が掲載されている。

→なんと!卵に月見バーガーの広告が!シールが!--たびnavi.~Travel

月刊アスキー7月号「明日の広告」によれば、たまご広告は成功を収めたようで、これをきっかけとして、マクドナルドは「クォーターパウンダー」のPRというデカイ仕事をサニーサイドアップに発注したのではないだろうか。
マクドナルドのクルーにキャッチコピーのプリントされたユニフォームを着せるという手法は、とてもサニーサイドアップらしい。

関連

日本初!たまご広告スタート!  サニーサイドアップ

月刊 ascii (アスキー) 2008年 07月号 [雑誌]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/24

マクドナルドやらせ行列はサニーサイドアップの仕業?

アルバイトを雇って新製品「クォーターパウンダー」の行列に並ばせたのではないかという疑惑が向けられている日本マクドナルド。
こうした販売手法を仕掛けたのは、いったい誰なのか。

クォーターパウンダーを食べるために3000人が並んだという大阪心斎橋店。
発売イベントに駆けつけたプロゴルファーの上田桃子は、サニーサイドアップというマネジメント会社に所属している。
また、11月の商品発表会にも同社所属の北島康介が出席し、「クォーターパウンダー」を「すごくおいしい」とPR。
北島はCMにも出演しており「クォーターパウンダー」のPRをサニーサイドアップに依頼したことが伺える。

サニーサイドアップはスポーツ選手のマネジメント以外に、PR事業も行っている。
会社のキャッチコピーは「たのしいさわぎをおこしたい」
そのものズバリ、バズマーケティングを得意とする。

バズマーケティングとは、話題になっているものや注目されているものが気になる人間の習性を利用したマーケティング手法。
せんとくんが気になったり、セレブの持ってるバッグが欲しくなったりするアレ。
行列が出来てると話題になるし、ニュースでも取り上げてもらえる。
元々は広告なのに、ふしぎ!

関連

マックの新バーガーに北島康介が舌鼓 サンスポ

関西初上陸!マック「クォーターパウンダー」に3000人の行列 J-CAST

桃子 サニーサイドアップと契約 スポニチ

バズ・マーケティング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【嘘がデカイ】マクドナルド新製品にやらせ行列

23日、日本マクドナルドが「クウォーターパウンダー」を近畿地区でも発売。
大阪心斎橋の店舗に徹夜を含めて約3000人が行列を作ったというニュースが流されたが、なんとこれがフルキャストの短期バイトによる仕込みであることが判明。

フルキャストの登録制アルバイト情報サイト 短期バイト.com

勤務地は大阪心斎橋駅近く、仕事の内容は「飲食店での商品購入のエキストラ」と紹介され、勤務時間はクウォーターパウンダーの発売日と同じ23日と前日の22日。
これはどう見てもマクドナルドに並ぶサクラを集めるもので、マクドナルドの広告手法と、やらせに荷担したマスコミに批判が集まるのは避けられないだろう。

ノベルティグッズの「クォーターパウンダー限定ウインドブレーカー」には、「嘘がデカイ」としゃれにならない文字が躍っており、これからネタにされそうだ。



本日より「時間外・退職金」なし (光文社ペーパーバックス)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/30

フェンシング太田、サニーサイドアップの勧誘を断る

今週の週刊文春にフェンシング太田。

サニーサイドアップの次原社長が初対面の太田のスケジュール帳を見て
「こんなんじゃ駄目。この一週間で私なら、あなたに三百万稼がせてあげる」
と勧誘。

この態度にはさすがの太田もドン引き。
マネジメントは他社に任せることにした。
上場した後、株価が低迷しているサニーサイドアップについて
「サニーサイドはたいへんですね、株価が千円まで下がって」
と話していたそうだ。

逆に言えば、同社に所属してるスポーツ選手はこういう勧誘を受けて入ったってことになるな。

関連

ニート剣士太田がタマホームから1000万円もらって練習してた

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/29

なぜボルヴィックは回収されたのか

キリン ボルヴィック 1500ml×12

ボルヴィックから異臭がしたので回収するそうです。
わざわざ高い金を出しておフランスの高級な水を高いお金出して買ってた方はご愁傷様でした。

「ボルヴィック」一部商品の自主回収に関するお詫びとお知らせ キリンビバレッジ

「異臭」苦情、ボルヴィック回収 キリンビバレッジ asahi.com

商品を輸入する際に使ったコンテナ内部のペンキのにおいが容器のペットボトルに移ったのが異臭の原因という。容器内部の空気から有機化合物のキシレンナフタレンが微量検出されたが、健康への被害は出ていないという。

またまた中田ビジネスが失敗したと言うことで、東原さんじゃないけれど、いよいよデスノートじみてきた感も。

ところでなんでこんなことになったかと言うことだけど、結論を先に言えば、輸送距離が長いからでしょう。

輸送距離が長くなればなるほど、関わる人の数が多くなって管理が難しくなって変なものが混入する確率が高くなるのは当たり前の話。
食材に関しては地産地消だ、生産者の顔が見えるだ、産地直送だと必要以上にこだわって見える皆さんが、なぜ水だけどこの誰とも分からない外国人が遠くから運んできたものを尊ばれるのか理解に苦しむところ。
輸入に使ってるのはどうも船っぽいけど、車だって何ヶ月もかかって運ばれてくると多少痛むのに、長い時間かけて運ばれてきた水を飲むなんて気持ち悪くないのかな。
夏場なんてすごい温度になるらしいよ。

思い起こせばこないだの中国毒餃子事件において、キャベツの生産者から餃子の生産工場に運ばれ、できあがった餃子を港から日本に持ってきて輸入業者の倉庫から店頭、果ては購入した人まで、長い長い流通経路のどこで農薬が混入したのか犯人捜しで日本中が大騒ぎしたばかり。
まったくとして教訓が生かされない社会に、絶望せずにはいられない。

安全な水が欲しいのなら、生産者から直接買うのが一番だよ!

関連

毒入り餃子事件は日本人が悪い

これまでの中田ビジネス

大阪の水はまずくない

テレ朝「中国のベンゼンはきれいなベンゼン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/07

サニーサイドアップ、今度は上場詐欺?

サニーサイドアップの仕事術
サニーサイドアップの仕事術

9月5日にヘラクレスで上場したサニーサイドアップの株価下落が止まらない。

(株)サニーサイドアップ 【ヘラクレス:2180】 Yahoo!ファイナンス

同社がマネジメントをしている北島康介の金メダルにタイミングを合わせた上場で、初日はストップ高3160円の値をつけ、一時は4000円までつけたものの、その後暴落し昨日の時点で1390円。
たった一月足らずで株価が3分の1以下というのは、会社の規模が小さいことを考慮に入れてもあまりに異常な値動き。
理由の如何を問わず、上場するべきでなかった会社としか言いようがない。

ホワイトバンド事件、朝青龍モンゴルでサッカー事件、カーボンオフセット年賀状売れ残り大量廃棄事件、ボルビックの環境破壊キャンペーンに協力するなど、中田とサニーサイドアップの引き起こした事件は枚挙にいとまがないが、なぜかメディアではあまり批判されることがない。
その理由は、批判的なことを記事にしたメディアに対して同社がマネジメントするスポーツ選手の取材をさせないという、ジャニーズ事務所式の圧力のかけ方にある。

人の善意を金に換え、金メダルを言論封殺の道具にする。
そんな企業が市場の信頼を得られるわけがない。

関連

サニーサイドアップ上場の裏に悪評飛び交う"偽善系"仕事術 サイゾー

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧