テレビ朝日

2009/02/18

テレ朝、今度は単位を間違える

テレビ朝日の報道ステーションがサハリンのニュースで単位を間違えて謝罪した。

報道ステーションはたびたび漢字の間違いをして謝罪している。

関連

痛いテレビ: テレ朝また漢字を間違える

痛いテレビ: テレ朝が大和生命と大和証券を間違えて謝罪

日本向けLNG生産開始  サハリン、麻生首相も出席 47NEWS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹子の部屋に大橋のぞみ

徹子の部屋に大橋のぞみちゃんが登場。
黒柳となぞなぞ対決を繰り広げたり、歌を歌ったりした。
しかし「私ね、セーラームーンになったことあるのよ」という黒柳の唐突な告白には、とまどいを隠せなかった。

Nozomi

ウィキペディアによると、美少女戦士セーラームーンの放映はのぞみちゃんが生まれる2年前に終了している。

ノンちゃん雲に乗る

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/02/09

中国中央テレビ火災

建設中の社屋が燃えた模様。


中央電視台といえば、「中国中央テレビの洗脳番組を拒絶する」と学者さんたちが署名活動をしてました。

中国の一党独裁終結求める署名 海外に拡大 産経

中国中央電視台 - Wikipedia

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/03

もう一つのあるある事件

週刊 東洋経済 2009年 1/31号 [雑誌]

あるある大辞典の事件はテレビ局がいかに嘘つきかということを僕らに教えてくれたわけだけれども、もう一つ大きな影響を与えたところがあったみたいだ。
先週の東洋経済で池田さんが話してたんだけど、あるある事件でテレビ局の搾取構造がばれて、広告主が足元を見るようになっているというのだ。
これまでテレビ番組に使われる実際の製作費というのは秘密にされていたのだが、事件の報道で明るみに出てしまった。
もはや広告出稿企業が言い値で金を支払うことはないだろう。

下請けに回す金をけちったせいで、信用を失っただけではなく、広告費の相場も下げることになってしまったテレビ局。
必要以上のコストダウンは自分の首を絞めるという教訓ですね。

関連

これも製作費をけちってやらせが起きてしまった事件。
しかもあるある大辞典もやっていたという制作会社で。
フジテレビの失敗を教訓にできなかったテレビ朝日はアホとしか言いようがない。

痛いテレビ: 【ウソバスター】テレ朝の仕込みブログ判明で祭に

痛いテレビ: 東京地裁が「あるある」信じて大誤判決

テレビ業界という格差社会 - 池田信夫 blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/18

アタックチャンスなんかいらない!

白の方がアタックチャンスで全く意味のない18を選ばれた。
司会の児玉に「なぜそこを選ばれた」といじられたものの、クイズで圧倒的な強さを発揮して勝利。
ラストコールでアタックチャンスの18を埋めた。

パネルクイズ アタック25 - Wikipedia

デジキューブ ベストセレクション パネルクイズ アタック25

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/01/17

【ウソバスター】テレ朝が謝罪放送

テレビ朝日が「情報整理バラエティー ウソバスター!」でやらせブログを作って放送したことを認め、謝罪放送を行った。

13日にホームページに掲載された謝罪文では、やらせをおこなった理由として撮影許可が取れなかったと苦しいいいわけを述べていた。
また、謝罪文がコピーアンドペーストしにくいよう、右クリックを禁止している。

番組で取り上げたブログの自作自演、テレビ朝日が謝罪放送 読売新聞

関連

痛いテレビ: テレ朝無断でナンバー付け替え

痛いテレビ: テレ朝が大和生命と大和証券を間違えて謝罪

テレ朝HPにも訂正とおわびが掲載されているが、画像ファイルによるもので、検索エンジンから引っかからないようになっている誠意のかけらもないものだ。

マッド・アマノの「謝罪の品格」 (平凡社新書)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/12

【ウソバスター】言い訳も捏造か

テレビ朝日が10日に放送した「情報整理バラエティー ウソバスター!」の中で仕込みブログを紹介していたことを認め、謝罪した。

「ネットが情報源」テレ朝番組、実はスタッフがブログ自作 読売

 同社広報部では、「実際のブログ作成者から撮影許可が取れなかったので、同じ情報を元にスタッフが『再現』した。そのことをテロップやナレーションで伝えるべきだった。視聴者に誤解を与えかねない表現となり、申し訳ない」としている。

番組撮影用にブログ自作 テレ朝の情報バラエティー asahi.com

 テレビ朝日広報部の話 実際にあったブログなどから撮影許可が得られず、番組で撮影用に同じ趣旨のブログを作成した。担当した番組制作会社から実在したブログなどネット情報のコピーを示されており、捏造(ねつぞう)ではないと考えている。

しかしこの弁明、どこかで見たような気がしてならない。

痛いテレビ: 【ウソバスター】テレ朝の仕込みブログ判明で祭に

制作会社がこのような稚拙なやらせを行った理由としては、ウソを暴くという番組の内容だけに、ブログの利用者から使用許可が取りにくいと判断されたのだろう。

拙ブログは事件の直後、やらせブログにトラックバックを送り、朝日新聞(asahi-np)からも閲覧されていた。
言い訳のネタ元というのは言い過ぎかもしれないが、朝日新聞が記事を書く時の参考にしたことは間違いないだろう。

これだけ大騒ぎになっていても、制作会社の言うところの「実際にあったブログ」から撮影を拒否したとの報告は上がっていない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/11

【ウソバスター】テレ朝の仕込みブログ判明で祭に

テレビ朝日で10日に放映された「情報整理バラエティー ウソバスター」でやらせが明らかになった。
番組の内容は「今まで信じ込んできた常識やニュースなど、日本人がホントだと信じ込んでいる知識の裏にあるウソをどんどん暴きだし、バスターします!!」というもの。
ネットで流れているウソとしてブログを紹介したが、実は制作会社が作成したブログである可能性が濃厚となった。
紹介されたブログは記事数も少なく、作成した日時も似通っており、さらに無料で広告の含まれていないGooブログばかり。

制作会社がこのような稚拙なやらせを行った理由としては、ウソを暴くという番組の内容だけに、ブログの利用者から使用許可が取りにくいと判断されたのだろう。
自分で作ったブログならたしかに許可を取る必要はないだろうが、これだけバレバレのブログを作っては、わざわざ自分から叩かれようとしているようなもの。
ネットの信頼性を貶めるような内容だっただけに、ネット住民の反発も大きなものになりそうだ。

関連

| ^^ |秒刊SUNDAY | テレビ朝日「ウソバスター! 」でブログを自作自演で炎上

以下はやらせブログではないかと疑われているもの。
閉鎖したらビンゴ、更新停止でもクロ、続けても地獄ということで、成り行きを見守っていきたい。

NEWSの意味は? - かってにしんどばっと

サケとシャケの違い 言の葉、知恵の実

ねこパンチ つまようじ

セメダイン - 雑学欲

番組の制作会社のHPには、制作番組として「あるある大辞典」の名前も記載されている。

TV番組制作会社「ノンプロダクション」

ここが中日新聞に因縁つけてる所?

痛いテレビ: 東京地裁が「あるある」信じて大誤判決

また、番組の内容についても疑問の声が上がっている。
キュウリはとげの少ない品種ができたんじゃなかったっけ。

テレビ朝日のウソバスター -OKWave

キュウリのトゲはなぜ消えたのか―サプライズな「野菜学」 (学研新書)
キュウリのトゲはなぜ消えたのか―サプライズな「野菜学」 (学研新書)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/10

テレビショッピングに気をつけろ!

なぜ、テレビショッピングで買ってしまうのか?

国民生活センターが、テレビショッピングに関するトラブルが増えていると注意を呼び掛けている。

テレビショッピングに関するトラブルが増加 国民生活センター

PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられるテレビショッピングに関する相談が近年増加している。寄せられた相談内容を見ると、テレビショッピングは、映像や音声が伴うことによる臨場感あふれた商品紹介など商品の特長がインパクトをもって紹介される反面、返品の可否など消費者にとって重要な事項やデメリットとなる点などについては、番組放映時間などの制約から、瞬間的な表示で終わってしまい、消費者に十分に理解されていないケース等がある。

問題点として、

   1.  表示時間が短かく、十分に表示内容が理解できないことがある
   2.  誤解を与えるようなトークや表示がみられる
   3.  消費者の購買心をあおるような演出がみられる
   4.  番組からの印象と違うことがある
   5.  体験談を信じて購入したが、同等の効果が得られないことがある
   6.  返品をめぐってのトラブルが多い
   7.  申込み時に会員契約を勧められることがある
   8.  購入後の対応が不十分なケースがある

以上8つが挙げられている。

これはテレビ番組全般にも言えることだけど。
「あるある大辞典」や「ロデオボーイⅡ」のインチキ実験や演出のことを、まだまだご存じない方は多いようだ。

関連

痛いテレビ: テレビ朝日がインチキ商品「磁気活水器」を紹介してた

「ロデオボーイII」効果はわずか0・4キロ 公取委がテレ朝に警告

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/31

痛いテレビ局2008

今年も色々テレビ局はやらかしてくれた。

まずはテレビ朝日。
ロデオボーイⅡのダイエット効果をねつ造して公取に叱られたり、怪しい浄水器を販売したり。
たびたび漢字を間違えながら、麻生総理の間違いをニュースに。
リーマンに10憶突っ込んでたのに、マネーゲームを批判する報道をしてたのは爆笑だった。

今年のNHKはわりとおとなしくて、職員がインサイダー取引をしたり、プロジェクトXのプロデューサーが万引きで捕まったぐらい。

日本テレビは24時間テレビの援助で掘った井戸からヒ素が出たりとか、志村どうぶつ園の制作会社の社長が自殺したりとか。

テレビ東京は「アド街」でマンションをメインに紹介したのが買収と非難されたりとか、ガイアのアウトレットマンション特集でポスターが映ってたマンションの人が怒ったりとか。

TBSはやっぱり今年もみのもんたがひどかった。
女性記者に知的障害のある犯人をカラオケに誘わせたりもしてた。
関連会社のビックカメラが架空利益を計上してたりも。

そうそう、なんといってもフジテレビ。
労働者の権利とか言いながら下請けに製作費75%カットを要求、結果社長が自殺。
「あるある大辞典」の制作会社が中日新聞を相手に裁判してるし、浅田真央を執拗に貶めるワイドショーを流すし、モナはすぐ降板させるくせにカズ渡辺は使い続けるし。

今年最も痛かったテレビ局は、フジテレビで決まり!

| | コメント (1) | トラックバック (0)