2ちゃんねる

2009/02/08

スマイリーキクチ中傷事件はテレビが悪い

お笑い芸人のスマイリーキクチさんが女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人だと中傷されていた事件。
中傷していた人たちが、元警察の北芝健さんの「治安崩壊」という本を根拠にしていたというので、図書館で借りてきた。

治安崩壊──凶悪犯罪社会を生き抜くために知るべきこと

たしかに、「衝撃的だった女子高生殺人事件」という項に、犯人のその後について記載がある。

この少年グループの一人は刑期を終えた後、二〇〇四年七月、再び、恐喝事件をおこし逮捕された。 もちろん社会に出てきたのはこの一人だけではない。一足早く出てきた別の男は、お笑い系のコンビを組んで芸能界でデビューしたという。P71

10年以上も前からスマイリーさんはコンクリ殺人の犯人だという噂があったから、この本を読んで噂はやっぱり本当だったんだと思う人が出てきても仕方ないだろう。
他に疑われていたという芸人がいれば話は別だが。

この本には世田谷一家殺人事件の真相についても、所属する宗教団体に約束した寄進ができなかったため、見せしめのために惨殺されたと書いている。
粛清や口封じならともかく、この一家が寄進を渋っていたと他の信者に知られていなければ、見せしめの意味がない。
他にもパリで試着室に入った日本人女性が拉致され、イスタンブールで人身売買の対象にされていたという話があった。
「試着室に入って拉致された」という都市伝説をまことしやかに話すあたり、この本がどうやって書かれたのかがよく理解できる。

つまり北芝という人は、おそらくネットなどのうわさをそのまま話しているのだろう。
亀井静香が話していたというならいざ知らず、下っ端の刑事がここまで多種多様な事件の真相を知っているということは常識的に考えてあり得ない。

北芝さんを番組に出演させ、発言に信ぴょう性を持たせていたテレビ。
彼らの同義的責任も、追及されてしかるべきだろう。

スマイリーさんも「治安崩壊」について言及している。

スマイリーキクチ オフィシャルブログ『どうもありがとう』

さらに書籍等で、個人を特定していないまでも私を連想させる表現で、事件の犯人であるかのような書かれ方をされた事があり、それがインターネット上の誹謗中傷の根拠とされてしまいました。

関連

【世田谷一家殺害事件に例の韓国系の宗教団体が関与】 という下記の情報を知りました Yahoo!知恵袋

ネットゲリラ: 殺された女子高生の祟りです

道草 | 名誉毀損で逮捕 (スマイリーキクチ コンクリ殺人)

[悪徳商法?支店]: 北芝健さんの『治安崩壊』 に記載されていた内容はデマだったんですか?

女子高生コンクリート殺人事件とスマイリーキクチさんと二階堂さんの裁判 Birth of Blues

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/05

【スマイリーキクチ】「イメージ」は大切です

芸人のスマイリーキクチを女子高生コンクリート詰め事件の犯人と思いこみ、ブログに書き込んだ人たちが名誉毀損で書類送検。
この噂初めて知ったんだけど、なんでそう思ったんだろう。
いくら何でも人殺しが芸人みたいな目立つ仕事は選ばないでしょ。
名倉潤の兄とか中村玉緒の息子はモノホンだけどね。

どうやら、スマイリーが元暴走族で「拉致監禁するぞ」ってネタをしてたイメージに尾ひれがついて犯人だって噂が広まったようだ。
経緯についてはここが詳しい。

→スマイリーキクチに関する噂の真相 Yahoo!知恵袋

他に類を見ないほど残酷な事件だったにも関わらず、犯人が少年法に守られて詳しいことが報道されなかったから噂になりやすく、また噂を否定してもなかなか信じてもらえなかったんだろう。
芸人はワルばっかりとか、事務所はこういうことは隠すってイメージもあるし。
美川憲一がシャブで捕まったり、円天の広告塔やってたのは本当だけど。

それでこのニュースを流してた日本テレビのNEWS FINEで、スマイリー菊池を中傷する書き込みのイメージ画像が流れていた。
テレビ朝日も画面に「イメージ」って入れてれば「ウソバスター」が事件になることもなかっただろうに。
本当にイメージって大切だね。

関連

スマイリーキクチのブログを荒らしてたのはこいつらかな。

スマイリーキクチさんのブログ 2ちゃんねる少年犯罪板

ずいぶん前から噂があったみたい。

スマイリー菊地の素性を暴け 2ちゃんねる

    元はといえば、あめぞうのニュース速報の掲示板に、コンクリ詰め殺人の犯人たちを追求するスレッドがあって、その中の発言で誰かが「スマイリーキクチは太田プロライブで、『オレは昔ヤンキーだったけど、オレの友達の中であの事件に関わった奴がいるらしいんだよね、シャレになんねーよ。』という発言をした」というカキコから、スマイリー自身のキャラクター(ニコニコしながら格闘技マニア&武闘家)も手伝っていつのまにか「スマイリー自身がレイプに加わった」などというようにデマが広がり、ファンや本人が知るところになった。
真相はどうかわからないが、太田プロライブで「自分は関係ないし、言ってない。自分のことで心配させてごめん」とファンの前で釈明してからこの話題は沈静化している。
http://www.geocities.com/copipe2000/file/smily.html(リンク切れ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/01/26

「ネットで暴走する医師たち」事件メモ

ネットで暴走する医師たち

週刊朝日の書評欄で鳥集徹という人が書いた「ネットで暴走する医師たち」という本が紹介されていたのだが、書評を読むだけでひどい本だというのが伝わってきた。
評者の永江朗が言うところのおぞましい書き込みがあった例として、奈良県立大淀病院妊婦「たらい回し」事件、杏林大学割り箸事件、福島県立大野病院事件の3つの事件が挙げられている。

しかし、そのすべてが無罪判決もしくは立件が断念されたもの。
冤罪事件に対して批判的な意見が出るのは、むしろ当然のことであると思うのだが、そのことには触れずじまい。
いくら週刊朝日でもおかしいと思ったら、07年に鳥集の書いた同じような記事が掲載されていたようで、要するに知り合いの本をほめてやったというだけだ。
さすが週刊朝日、武富士から5000万円もらっていただけのことはある。

そして今月の宝島には鳥集が書いた「医師専用サイトで暴走!!おバカなネット医師たち」という記事が掲載されている。
引用と称し、「医師専用掲示板」に書き込まれたという言葉を紹介。
具体的な名前を出さないのは裁判対策のつもりなのだろうか。
大淀病医事件を報じた毎日新聞の女性記者が誹謗中傷を受けているというが、刑事で立件すらされなかった医師を犯罪者のように報道した毎日新聞の記事こそ誹謗中傷ではないのか。

鳥集徹氏のブログには批判が殺到し、06年から更新は停止。
書き込みには、無断転載の上に文面に手を加えたと憤りの声が寄せられている。

⇒とりごろうblog

関連

特集/「奈良妊婦死亡 遺族の取り組み」 スーパーニュースアンカー KTV

昨年12月、毎日新聞の報道に対して、名誉棄損で賠償命令も出ている。

書籍で名誉棄損 毎日新聞記者らに賠償命令 産経

「医師専用掲示板」

m3.com Cookies Required

毎日新聞の報道が産科の崩壊を招いていると訴えているブログ。

天漢日乗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/20

2ちゃんねるからニュースをパクる朝日新聞

今になって始まった話ではないけれど、もはや新聞記者がネットから記事を拾うのが当たり前になったんだなと。

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)
ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書 う 2-1)

最近は何か事件が起きると、だいたいウィキペディアの関連ページが証拠隠滅されたり、編集合戦になったりして、それがまた2ちゃんねるとかブログとかで晒されたりする流れがお約束になっている。
それで今回もそのパターンを踏襲、しかも衆議院のパソコンから編集していたというおまけ付き。
これは編集した人のアドレスが公開されるというウィキペディアの仕組みを知っていれば誰でも調べられることだけど、一番最初に気づいて書き込んだ人がいる訳ですよ。
それがブログなんかにまとめられて、ネットを見た新聞記者が記事にする。
「~されていたことが分かった」って、いかにも自分が調べましたみたいな感じで。

2ちゃんねるの書き込みをブログが取り上げる。

衆議院のIPアドレスからWikipediaのマルチ商法議連記事が民主党に都合良く編集されている件 天漢日乗(10/16)

「~が分かった」と報じる夕刊フジ。

ネットから消えた?「民主・前田」…身内がウィキ工作 ZAKZAK(10/17)

もはや明らかにどこかの記事を見て書いてるのに、「~がわかった」で押し通す朝日新聞。

ウィキのマルチ関連記述、消される 衆院のパソコンから asahi.com(10/19)

だから本来なら朝日はこういう感じで記事を書かなくちゃいけないはず。

 (2ちゃんねるに書き込まれた情報によると)マルチ商法と国会議員の関係が取りざたされる中、誰でも自由に執筆できるインターネットの無料百科事典「ウィキペディア」日本語版で、衆議院内のコンピューターから最近、関連記述が修正されたことがわかった。

ネットは出元が分かりづらいと言うことがあるけど、最低でも「ネット掲示板によると」とか、「ネットの書き込みによると」ぐらいは欲しい。

新聞は週刊誌みたいに出元がしっかりしてる記事でも平気でパクって自分の手柄にするので非常にタチが悪い。
「一部週刊誌によると」なんて書き方もある。
週刊現代なんかはこれで裁判していたりもする。
それで相撲の八百長報道みたいなのは「週刊現代によると」なんてしっかりクレジット出して、裁判リスクは負わないんだからちゃっかりしている。

関連

新聞の「~ことがわかった」は「週刊誌のぱくり」? J-CAST

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/22

彼らが最初2ちゃんねるを攻撃したとき

ディスカバリーチャンネル アドルフ・ヒトラー -カルテが語る独裁者の素性-

毎日が2ちゃんねるを攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、2ちゃんねる主義者でなかったから何もしなかった。

ついで毎日は奈良県の産科医を攻撃した。
私は前よりも不安だったが、医師ではなかったから何もしなかった。

ついで子供や女性が売春婦だとののしられた。
私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。

毎日はついにネットを規制した。
私はネットユーザーだったから行動した。

―しかし、それは遅すぎた。

元ネタ「彼らが最初共産主義者を攻撃したとき」マルティン・ニーメラー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/12

転載されている件

11日に日付が切り替わったぐらいに「毎日新聞関係者の利用を拒否する医師のサイトあらわる」というタイトルで記事を書いた。
そしたらすぐに2ちゃんねるのニュース速報版にタイトルそのままでスレッドが立てられてたようで、さらにそれを転載したブログが増殖してた。

毎日新聞関係者の利用を拒否する医師のサイトあらわる  ただニュース速報
毎日新聞関係者の利用を拒否する医師のサイトあらわる ソースあんならすぐ出せ
他多数

なんか一日経ってないと日付が同じで、検索順位が下だとこっちがパクったみたいで嫌なんだけど。
ライブドアPJからもネタ元にされているっぽい。
最近毎日関係でアクセスが増えていて、それで転載されたりネタ元にされたりすることが増えているみたいだ。
まぁ2ちゃんねるから画像を拾ったりしている手前、とやかく言うつもりはないです。

何が言いたいのかって言うと、たぶんこうして毎日の変態記事もコピペされて拡散していったんだろうなって話。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/07/04

毎日新聞2ちゃんねるを逆恨み

レゴ シティ 空港 7894

毎日新聞がネットについて批判的な記事をまとめた「ネット君臨」
そのあとがきに、こんなことが書いてある。

仲間の記者が海外で起こしたトラブルの処理を担当したことがある。
帰国した後で、自分のことがインターネット上で、批判と揶揄の対象にされていたことを知った。
腹が立ったが、相手がわからなくては、なす術がなかった。
これが、ネット掲示板「2ちゃんねる」を意識した最初だったように思う。

仲間の記者とは毎日新聞カメラマン五味宏基。
トラブルとは、クラスター爆弾をヨルダンのアンマン空港に持ち込んで6名を死傷させた事件のこと。
あとがきを書いたのは、毎日新聞東京本社編集局長伊藤芳明。

人を死なせておいて「腹が立った」とは、もはや何も言うことはない。
批判した相手がわかっていたら、いったい何をするつもりだったのか。
爆弾魔の上司が批判されるのは、どう考えても当たり前のこと。
どうやら、人として最低限の良心すら持ち合わせていないらしい。

毎日新聞のネット批判はこの事件がきっかけとなったというのだから、どれだけ言葉を取り繕おうと、身勝手な逆恨みでしかないことは明白だ。
ヨルダンの事件から5年の月日が流れたが、毎日新聞は自らを省みるどころか、いっそうネットに対する攻撃色を強めている。

ネット君臨

| | コメント (1) | トラックバック (0)