書籍・雑誌

2009/02/04

島耕作が派遣切り報道を批判

社長島耕作 1 (1) (モーニングKC)

Panasonicとサンヨーの合併を予測して大きな注目を集めた「社長島耕作
今週は仲間の電気屋さんと人員削減の話。
雇用を守りたいのは山々だけど、親が死んだら元も子もない。
それなのにマスコミは製造業を叩き過ぎだろって。

シマコーの肩を持つ気はないけれど、あんまり製造業を叩くと会社が傾いたり、それでなくても工場の海外移転を促したりするので、むずかしいところ。

モーニングの発売に合わせたようなタイミングでPanasonicが3800億の赤字と15000人の人員削減のを発表。

⇒パナソニック国内外で1万5000人削減へ 今期3800億円赤字 産経

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/07

タマとアーバンの仁義なき戦い

MONOQLO vol.1 (100%ムックシリーズ)

MONOQLOというユニクロとMONOマガジンのパクリみたいな名前の雑誌がとても面白かった。

サイクロン式掃除機と紙パック式掃除機のどちらがいいのかといったものから、タマホームの安さの秘密、年金特別便の見方まで、どうしたら得するのかといった内容がいっぱい詰まっていた。

中でもタマホームに喧嘩を売ったアーバンエステートの話がおもしろかった。
アーバンがトップページに「週刊現代(11/8号)のタマホーム告発記事について 」ってお知らせを出した。
うちも坪単価安いけど、タマみたいに欠陥住宅は作ってないよって。

他にも、タマは坪単価安いけど、実際買うと謎の諸経費やら、他者では当たり前のものがオプションになってたりして、結局最終的には坪単価40万円くらいになるって書いてあった。
実際に買った人も似たようなこと言ってたから、これは間違いないと思う。

ローコスト住宅は広告費を削って安くしているって説明があったけど、みのもんたみたいな出演料を取る芸能人をCMに起用してテレビでバンバン流してる会社は、いったいどこを削ってるんだろう。

関連

痛いテレビ: みのもんたでタマホームの被害者続出

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/20

ジンバブエ援助のガイドライン

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2008年 12/24号 [雑誌]
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2008年 12/24号 [雑誌]

Newsweekにコレラ渦のジンバブエで援助してる人の話。
ご存じのようにジンバブエは深刻なインフレのため、援助活動も困難を抱えているそうだ。
曰く、

  • 援助の現場に行くため、朝に定期券を買っても、夕方には料金不足になって帰れなくなる。
  • 援助物資の調達をするため値段の交渉をしても、2時間後には値段が上がっている。
    そのため、また交渉をやり直さなくてはならない。
  • プリペイド式の携帯電話は数時間で使えなくなる。
    通話料金がすごい勢いで上がっていくため。

という有様だそうで、経済が破綻していて援助もたいへんっていうのは、ほんと終わってる。

関連

「ジンバブエは私のもの」と宣言、辞任圧力高まるムガベ大統領

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/14

トヨタ「私の広告費は4511億です」

トヨタの闇

「トヨタの闇」によれば、トヨタ単体の広告費は1000億円だけど、車体や日野やダイハツやデンソーといったグループ企業を合わせると、4511億円にもなるらしい。
これでは批判する声が出てこなくても仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/10

引きこもりはパソコンを使わない

爆笑問題のニッポンの教養―ひきこもりでセカイが開く時 精神医学 (爆笑問題のニッポンの教養 15)

ひきこもり問題の治療が専門の斎藤環先生。
太田のひきこもりはパソコンでコミュニケーションしてるという偏見を「いちばんの誤解で、引きこもってる人たちの八割ぐらいは、部屋で何もしていない」と否定。
「やってる人はせいぜい一割か二割」だって。

言われてみるとそうなんだけど、コミュニケーション取りたがらない人はネットでも取りたがらないだろうね。
統計じゃないけど、臨床で触れてるならだいたいの数は分かるわけだから、ネットにひきこもりの原因があるかのように話してる人は専門家じゃないか、ひきこもりを飯のタネにしてる詐欺師ってことになる。

関連

ネットで子供ひきこもりは誤解だ - goo ニュース

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/11/28

モーニングに三国志が帰ってきた

蒼天航路が完結して三年、俺たちのモーニングに三国志が帰ってきた。
東村アキコの描く「ひまわりっ」という漫画に「ウィング関」という同人作家が登場、「まんが道」+「三国志」という想像もしなかった話が始まったのだ。

ウィング関先生はそのペンネームの通り、関羽に恋する乙女。
美しい髭に恋したその日から、関羽X劉備の801漫画を描き続けてきた。
三国志以外の漫画を描くつもりはないが、三国志を題材とした漫画があふれている今、商業誌で連載を勝ち取ることは困難を極める。
何か新たな切り口は無いものかと悩んでいたその時、宮崎から出てきたもう1人の乙女と運命の出会いを果たす。

これまでヤマ無し意味ナシ落ちナシの漫画を描いてきたウィング関は、彼女の提案した「学園モノ」に強烈なインスピレーションを受け、ラジカセで人形劇三国志のエンディングテーマを流しながら、一気にイメージをまとめ上げる。
いままでにない手応えに、彼女の才能を認めたウィング関。
君は私の孔明と、Gペンを指に突き刺して、血判状をしたためる。
これは水魚の交わりだ、2人で満才茂道になるのだと。

運命に引き寄せられた2人が紡ぐ三国志は、いったいどんな展開を見せるのか、そして2人の友情は?
ウィング関先生の新連載にご期待ください。

ひまわりっ~健一レジェンド 9 (9) (モーニングKC)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/18

低所得で教育水準が低いほどテレビが好き

子どもを狙え! キッズ・マーケットの危険な罠

子どもを狙え!(原題 Born To Buy)  P54

 テレビの視聴傾向は、人種・収入・親の教育水準によって非常に異なる。
中でも人種による相違は顕著で、たとえば八歳~十八歳では、白人の子が一日二時間四十七分なのに対して、ヒスパニック系は三時間五十分、黒人の子どもは四時間四十一分もテレビに釘づけとなる。
 低収入の家庭ほど、子どもが幼ければ幼いほどテレビの視聴時間は長くなり、また親の教育水準が低いほど、そして子供が幼いほど視聴時間は長くなっている。

ウォルマートの統計によれば、黒人の所得はヒスパニックのそれよりも低い。
ヒスパニックの多くがアメリカにやってきてから日が浅いと考えれば、人種というよりも所得による偏りが出たものではないか。
プレジデントのアンケートでも収入とテレビの視聴時間は反比例していた。
理由はいろいろあるにしても、低所得で判断能力が乏しいほどテレビにひきつけられるのは間違いないようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/24

東洋経済が恋姫無双を紹介

「三国志」ビジネスの秘密 週刊東洋経済9/27

「関羽」「張飛」が美少女キャラに

さらに、「一騎当千」や「恋姫†無双」などのアニメ作品は、大胆な発想の転換を行っている。
本来は男であるはずの武将や軍師達が、かわいい女性キャラクターとなって登場するからだ。

週刊東洋経済 115P

こんな感じや

一騎当千 関羽雲長 ダメージVer. (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
一騎当千 関羽雲長 ダメージVer. (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
こんな感じ

恋姫†無双 呂布(恋)  (1/6スケールPVC塗装済み完成品)
恋姫†無双 呂布(恋)  (1/6スケールPVC塗装済み完成品)

こんなの経済誌で紹介するなんて編集部の頭おかしいだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

雷句さん?のFAXがブログに貼られる

雷句氏は天才だ!!(消去済み)(魚拓
【漫画】小学館関係者?ブログを開設して雷句のファックスを晒しあげる
はてなブックマーク > 雷句氏は天才だ!!

雷句さんは金色のガッシュを描いた漫画家。
カラー原稿を紛失した小学館と裁判になっている。
ブログには雷句さんがサンデー編集部にあてたFAXとおぼしきものの画像が貼られており、揶揄するようなコメントもつけられている。

FAXが偽物だった場合、雷句さんに対する名誉毀損。
本物だった場合、FAXが小学館に届いているため、作成者が誰であるかを問わず小学館が管理責任を問われることとなる。

金色のガッシュ!! 33 (33) (少年サンデーコミックス)
金色のガッシュ!! 33 (33) (少年サンデーコミックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/22

東芝クレーマー事件から9年

週刊ダイヤモンド1月26日号 恐怖のクレーマー

東芝クレーマー事件のアッキーさんの話がとても面白かった。
サポートセンターとのやりとりをネットで公開して大騒ぎになった後、週刊文春の批判記事がきっかけとなって返す刀で相当祭られたらしい。
2ちゃんねるに実名が書き込まれ、あること無いことを書き込まれて家族が経営する会社にまで影響があったそうだ。
9年たって「祭り」は「炎上」と呼ばれることが多くなったが、やってることは大して変わらない。
この問題はネットに企業が攻撃された例として引き合いに出されることが多いけれど、個人が攻撃されたテストケースだったとも言えるだろう。

全証言 東芝クレーマー事件―「謝罪させた男」「企業側」 (小学館文庫) Book 全証言 東芝クレーマー事件―「謝罪させた男」「企業側」 (小学館文庫)

著者:前屋 毅
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)