映画・テレビ

2009/01/10

「TAXi」の主役殺人未遂で逮捕

TAXi4 (Blu-ray Disc)

「TAXi」主演のフランス俳優逮捕 殺人未遂容疑 産経

 パリ警視庁は8日夜、映画「TAXi(タクシー)」などの主演で知られるフランスの人気俳優、サミー・ナセリ容疑者(47)を殺人未遂容疑で逮捕した。フランス公共ラジオが伝えた。

TAXiではずいぶんやんちゃな役やってたけど、あれは地。
リュック・ベッソンに見いだされた役者人生も、さすがにこれでおしまいか。
TAXiを見たときは、プジョーに乗りたくなったものだが。

少し前にコカインで逮捕、けんかはしょっちゅう。
2006年に飲酒運転で捕まったとき、黒人警官を人種差別的な言葉で罵って禁固刑を受けていた。

関連

サミー・ナセリ - Wikipedia

サミー・ナセリ SAMY NACERI

サミー・ナセリ、人種差別で禁固刑 シネマトゥデイ

痛いテレビ: 【タクシー強盗配達員】朝日の不思議ないいわけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/18

低所得で教育水準が低いほどテレビが好き

子どもを狙え! キッズ・マーケットの危険な罠

子どもを狙え!(原題 Born To Buy)  P54

 テレビの視聴傾向は、人種・収入・親の教育水準によって非常に異なる。
中でも人種による相違は顕著で、たとえば八歳~十八歳では、白人の子が一日二時間四十七分なのに対して、ヒスパニック系は三時間五十分、黒人の子どもは四時間四十一分もテレビに釘づけとなる。
 低収入の家庭ほど、子どもが幼ければ幼いほどテレビの視聴時間は長くなり、また親の教育水準が低いほど、そして子供が幼いほど視聴時間は長くなっている。

ウォルマートの統計によれば、黒人の所得はヒスパニックのそれよりも低い。
ヒスパニックの多くがアメリカにやってきてから日が浅いと考えれば、人種というよりも所得による偏りが出たものではないか。
プレジデントのアンケートでも収入とテレビの視聴時間は反比例していた。
理由はいろいろあるにしても、低所得で判断能力が乏しいほどテレビにひきつけられるのは間違いないようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/21

映画評「earth(アース)」

Photo

NHKスペシャル「プラネットアース」をダメ編集して、変なナレーションを付けて、ちょっとだけ映像を付け加えたもの。
予備知識まったくなしで見に行ったらびっくりした。
家に戻って調べてみたら、試写会に亀田を呼んでるような映画だった。
少し自己嫌悪。

プラネットアースを見ることをお勧めするけど、NHKの出してるDVDはハイビジョンじゃないし、BBCが出しているのと比べて高すぎる。
再放送か、ブルーレイ待ちで。

※ ちょうどココログにアースのデザインがあったので、しばらくこれにします。

Planet Earth: Complete Collection (5pc) (Gift) DVD Planet Earth: Complete Collection (5pc) (Gift)

発売日:2007/04/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/24

テレビ視聴時間と年収の関係

プレジデント 10/29日号 年収2000万の勉強法 

 年収2000万稼ぐ人に聞いてみたところ、テレビは1日30分以下という人が42%だったそうだ。
ネットも調べ物をすると言った使い方が主で、だらだら見続けないそうだ。
これだけ稼ぐ人ならテレビを見てる暇はないだろうし、他に楽しいことはいくらでもあるということで当然の結果だろう。

 いままで、年収とテレビ視聴時間の関連性について調べた統計はあまり無かったと思う。
今回は対象が限られていたが、対象を広げても同じような結果になりそうだ。

続きを読む "テレビ視聴時間と年収の関係"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/04/26

橋下徹、弁護士の矜恃

たかじんのそこまで言って委員会で、橋下弁護士は生活を守るため金にならない仕事はしないと言った。
紀藤弁護士は金にならない仕事でも社会正義のためにやると言った。
どちらの言い分も正しい。
国選弁護人は儲からない、それどころか弁護する相手によっては仕事が減る。
これでは国選弁護人をやりたくない弁護士が増えるのも仕方ない。

とは言え橋下も弁護士の端くれ、法律に反していることは反しているときっちり話す。
これまた「たかじんのそこまで言って委員会」でアイフルとグレーゾーン金利の話題になったとき、「このところグレーゾーン金利を認めないとする判決が続いており、ただ1社勝ち続けていたところもこのまえ最高裁で敗訴した。グレーゾーン金利を取るためには厳格な規定を守る必要があり、1つでも違反していれば払う必要はない」と断言した。
タレントとして消費者金融の批判はタブーだが、弁護士として話さずにはいられなかったのだろう。

 

関連

利息制限法について 教えて!goo
橋下弁護士×紀藤弁護士 弁護士のため息

| | コメント (961) | トラックバック (169)