心と体

2009/01/26

「ネットで暴走する医師たち」事件メモ

ネットで暴走する医師たち

週刊朝日の書評欄で鳥集徹という人が書いた「ネットで暴走する医師たち」という本が紹介されていたのだが、書評を読むだけでひどい本だというのが伝わってきた。
評者の永江朗が言うところのおぞましい書き込みがあった例として、奈良県立大淀病院妊婦「たらい回し」事件、杏林大学割り箸事件、福島県立大野病院事件の3つの事件が挙げられている。

しかし、そのすべてが無罪判決もしくは立件が断念されたもの。
冤罪事件に対して批判的な意見が出るのは、むしろ当然のことであると思うのだが、そのことには触れずじまい。
いくら週刊朝日でもおかしいと思ったら、07年に鳥集の書いた同じような記事が掲載されていたようで、要するに知り合いの本をほめてやったというだけだ。
さすが週刊朝日、武富士から5000万円もらっていただけのことはある。

そして今月の宝島には鳥集が書いた「医師専用サイトで暴走!!おバカなネット医師たち」という記事が掲載されている。
引用と称し、「医師専用掲示板」に書き込まれたという言葉を紹介。
具体的な名前を出さないのは裁判対策のつもりなのだろうか。
大淀病医事件を報じた毎日新聞の女性記者が誹謗中傷を受けているというが、刑事で立件すらされなかった医師を犯罪者のように報道した毎日新聞の記事こそ誹謗中傷ではないのか。

鳥集徹氏のブログには批判が殺到し、06年から更新は停止。
書き込みには、無断転載の上に文面に手を加えたと憤りの声が寄せられている。

⇒とりごろうblog

関連

特集/「奈良妊婦死亡 遺族の取り組み」 スーパーニュースアンカー KTV

昨年12月、毎日新聞の報道に対して、名誉棄損で賠償命令も出ている。

書籍で名誉棄損 毎日新聞記者らに賠償命令 産経

「医師専用掲示板」

m3.com Cookies Required

毎日新聞の報道が産科の崩壊を招いていると訴えているブログ。

天漢日乗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/19

君たち精子薄いよ!

NHKスペシャル「女と男~最新科学が読み解く性~第3回

乱婚型のチンパンジーは他のオスの精子と競争しなくちゃならないから精子が濃い。
一夫一婦制の人間の精子は多少薄くてもいいんだけど、それにしても最近は急激に薄くなってやばいぐらいだって。
いったいどんな理由なんだろう。

あなたの知らない精子競争―BCな世界へようこそ (文春文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/26

肥満税 Fat tax

高カロリードリンクに“肥満税”検討~NY 日テレ

 アメリカ・ニューヨーク州は、高カロリーのソフトドリンクに18%の税金「肥満税」をかける案を打ち出した。
 アメリカでは、肥満や運動不足による糖尿病などで死亡する人は年間36万人。ニューヨーク州では4人に1人が肥満だという。その原因の一つが高カロリーなソフトドリンクだ、とニューヨーク州は指摘している。
 肥満税の対象は、高カロリーの炭酸飲料と果汁70%以下の砂糖入り飲料で、カロリーの低い炭酸飲料やミネラルウオーターは対象外。18%の課税となれば、コーラ1リットルで約30円の値上げになる。

なんかおもしろニュースみたいに取り上げられてたけど、無知って怖い。
これまでにも何度か取り上げてきたけど、アメリカ人の食生活は本当にひどい。
小学校でコーラ売ってるのがデフォルト、フライドポテトは野菜、ジャンクフードが学校給食。
飲料メーカーのロビイストがはびこってるから満足な食育もなされなくて、子供はジュース付けにされ、大人になったら立派なデブができあがる寸法。
子供向けにコナンのハッピーセットのCM流してる放送局だから、ジャンクフード批判はまずいんだろうけどね。

関連

アメリカで導入される?! ■ 肥満税ってどんな税?

論議が続く“肥満税”

痛いテレビ: オランダに学ぶ、子供を肥満にさせない方法

痛いテレビ: 広がるファーストフード広告規制、日本は韓国やマレーシア以下

痛いテレビ: アメリカ人の飯について

痛いテレビ: 糖尿病の日本人とデブのアメリカ人

ファーストフード・ネイション デラックス版 [DVD]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/22

日野原重明の省エネ生活

聖路加の日野原先生は97歳になった今も現役バリバリで働き続けている超人だ。
そんな日野原先生の健康な肉体の秘密をテレ朝の宇宙船地球号が調べていた。

注目すべきところは食事の量。
昼ご飯は紅茶にビスケットだけ、一日でも1300kcalしか口にしない。
仕事に集中していれば空腹など感じないという。

低カロリーの食事を続けると「サーチュイン」という遺伝子が活性化される。
サーチュインはガン抑制や老化促進遺伝子を抑制し、寿命を長くする。
アメリカには、この効果を求めてカロリーを制限した食事をとる人たちもいる。

聖路加の人でいい加減日野原先生に引退して道を譲って欲しいと思ってる人もいるだろうけど、その日はまだまだ先のようだ。

関連

グランツーリスモの山内もあんまり食べないけど長生きするのだろうか。

痛いテレビ: 山内一典は飯を食わない

健康長寿を目指す日野原重明先生の10の生活習慣

免疫と治癒: 日野原 重明医師の食事

長寿遺伝子を鍛える―カロリーリストリクションのすすめ
長寿遺伝子を鍛える―カロリーリストリクションのすすめ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/12/12

楽天「副作用で死者が出た薬をネット販売したいので署名お願いします」

楽天市場がなくなる日 (洋泉社ペーパーバックス)

薬事法の改正に楽天が反対し、署名を集めている。

【楽天市場】困ります、私たち。~ネットで薬が買えないなんて~

インターネットで買えなくなる薬の例として一番に挙げられている「ガスター10」
これは副作用で死亡例が2名出ている薬。

⇒「ガスター10」で死亡例報告もれ

しかし「毒にも薬にもならない」という言葉があるように、薬は副作用があるのが当たり前。
かく言う自分も、薬の副作用でひどいめに会ったことがある。

こうした副作用の問題とか、ネットで薬の販売が野放しになっていたりするので、厚生労働省は対面販売させることで薬害を防ぐことにした。
ところが薬を販売しているヤフーや楽天やケンコーコムがこれに反発、厚生労働省に意見書を提出した。
この動きに対し、薬害の被害者と薬剤師の組合は厚生労働省を支持している。

薬剤師の意見は利害関係者だから置いとくとして、薬害の被害者が薬事法改正に反対しているということに注目していただきたい。
薬害の被害にあったものとしての意見は、やっぱり副作用は説明してほしい。
「そんなことネットで調べられるじゃん」という意見もあるだろうが、副作用のことまで詳細にチェックして買う人間がどれだけいるのかと逆に聞きたい。
自分の場合、薬の副作用に気づいてくれたのは医師だった。
楽天は薬の販売には薬剤師を使うと言っているが、それなら薬を服用して体の調子が悪くなった時、質問に答えてくれるのだろうか?

ネット販売3社が自らの利益のために薬事法改正に反対していることは、効果が疑わしく、健康被害も懸念される健康食品を販売していることからでも明らかだ。

⇒健康食品に関する情報等 厚生労働省

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/12/01

田舎に泊まろう高須クリニック

西原のマンガでよく金持ちぶりがネタにされる高須クリニックの高須院長、芸能人でもないのになぜかテレビ東京の田舎に泊まろうに出演。
「秋の宿場町で昔ながらの遊びをしたい」と群馬県・旧東村へ。

CMに出てると言っても、芸能人みたいに知名度があるわけでもないので、お泊まり交渉はなかなかうまくいかない。
でも、このおっさんはいくら断られても、めげずにどんどん交渉を続ける。
中国に行ったら空港に迎えが来るVIP待遇なんだぜこの人。

時間はかかったものの、一緒に遊んだ小学生の男の子に手伝ってもらって、なんとか一軒の石材屋さんに泊めてもらうことができた。
そこのお家は祝い事が重なってて、宴会ムード。
テンションあがってきた院長は、裸になって成形手術の成果を披露。

次の日、院長は石仏を水洗いしてお手伝い。
奥さんたちにはパックのやり方をコーチと、サービス精神旺盛な院長。

物おじしない積極的な性格とか、めげないとか、いい年こいた金持ちなのに嫌な顔せず下働きするとか、やっぱり成功する人はちょっと違うな。

ブスの壁
ブスの壁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/30

気になるあの子のミトコンドリア

久々にタモリの日本テレビ出演となった「タモリ教授のハテナの殿堂?
尺の長い番組と言うこともあって、他局からの使い回しネタが非常に多かった。
少し前にNHK教育のサイエンスZEROでやっていた、ミトコンドリアの型でルーツを探るという企画も流用。
スタジオ出演者13人の唾液を採取し、ミトコンドリアのDNAを分析、先祖がどこからやって来たのかを調べた。

それによるとタモリら半数は大陸から渡ってきたD型。
イギリス人と日本人のハーフのベッキーもこれに含まれているが、ミトコンドリアは母親からしか遺伝しないのでおかしくはない。

新垣結衣は沖縄出身なのにシベリアから来たA型。
河本は台湾とか南国諸島に多いB型。
太田のM7aは日本人にしか見られない型だという。

ミトコンドリアは酸素呼吸を担当しているので、今度は高橋尚子とか心肺能力の高い人のDNAを調べて欲しい。
遺伝子ドーピングにも使えそうだし。

関連

ミトコンドリア・イブ ウィキペディア

ミトコンドリアのちから (新潮文庫)
ミトコンドリアのちから (新潮文庫)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/11/23

花粉症にはウンコが効く!

NHKスペシャル病の起源「アレルギー」が結構よかった。

どうもアレルギーってのはIgE抗体っていうのが悪さをしてるらしい。
もともとは給血ダニとか寄生虫とか通常の免疫が効かない相手に対してほ乳類が作り上げた必殺の武器だったんだけど、衛生的な環境で暮らすようになって敵がいなくなったから、花粉とかの無害なものを間違えて攻撃するようになったのがアレルギーなんだそうな。

敵がいなくなったら防衛軍が暴走を始めるって、なんか人間の世界みたいでおもしろい。
やっぱり、ウサギが死んだら猟犬は鍋にして食べるのが一番だね!

史記 (1) (小学館文庫)
史記 (1) (小学館文庫)

それですっかり厄介者になったかつての働き者IgE抗体なんだけど、どうもこいつをおとなしくさせる方法があるらしい。
それは寄生虫を飼うこと。

笑うカイチュウ―寄生虫博士奮闘記 (講談社文庫)
笑うカイチュウ―寄生虫博士奮闘記 (講談社文庫)

ではなくて、家畜を飼うこと。
家畜小屋に出入りしていた子どもは空気中に漂うエンドトキシン(細菌の体の一部)の影響で免疫が細菌向けにシフト。
作られるIgE抗体が少なくなってアレルギー反応も少なくなる。
なんと花粉症は4分の1、ぜんそくは2分の1に。

End

エンドトキシンは細菌だけに牛の糞とかに多い。
農家だけじゃなくて、家畜の糞を燃料にするモンゴルの遊牧民とか、牛と一つ屋根の下でくらしていた昔の日本人にもアレルギーの人が少ない。
子だくさんの家庭とか、動物を飼っている家庭も少ない(汚いから)。

子どもを育てるには、衛生的すぎる環境も良くないみたいだ。

関連

エンドトキシンの抗アレルギー作用経路を特定

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/11/16

糖尿病の日本人とデブのアメリカ人

CDTサブカル『Beef 《牛肉》』ポスター

NHKスペシャル、シリーズ病の起源
今回は糖尿病。

病状が悪化すれば四肢が壊死したり、さまざまな合併症を引き起こす糖尿病。
糖尿病にはインスリンの働きが大きくかかわっている。
食事のあと血液中に増加した糖は、インスリンの働きによって脂肪細胞に取り込まれて蓄積される。
このサイクルがおかしくなるのが糖尿病。

アフリカで生まれた人類はヨーロッパやアジアに移動する中で、その土地で暮らしやすいように形質を変化させてきた。
寒冷地で暮らすヨーロッパ人は牧畜を行い、脂肪の多い肉を食べてきたのでインスリンの分泌が多い。
森の中で木の実などを食べて暮らしてきた日本人は、脂肪の多い食事をしてこなかったのでインスリンの分泌が少ない。
つまり日本人は糖尿病になりやすい体質を持っている。

会社の健康診断で糖尿病予備軍と診断された男性。
胃を縛る手術を受けて減量に成功した。
もう1人糖尿病の男性は、血液中の糖を消費するため自転車で一日おきに30k走っている。

本来、過食に耐えうる体をもつオランダ人でも、戦時中母親が飢餓状態で生まれてきた子供は、すい臓があまり発達しなかったため、糖尿病になりやすい。
インドでも、食糧事情の良くない田舎から出てきた人が、都会でいっぱい食べすぎて糖尿病になるというケースが増えている。
日本では、母親のダイエットで糖尿病になりやすい体質の子どもが生まれている。

節約を美徳とする日本人と、消費を美徳とするアメリカ人。
この違いは肉体的な特徴から来ているのではないかと思った。
自動車では節約型の日本車が今のところ優勢だが、食生活ではマクドナルドに代表される脂肪分の多いアメリカ型の食事が日本を侵略している。
脂肪分の多い食事は日本人の体質に合わないということが、もっと認識されるべきなんだと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/10/23

日本より悲惨なアメリカの産科医

ルポ貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版 1112)
ルポ貧困大国アメリカ (岩波新書 新赤版 1112)

日本の産科医はひどい目にあっていると思っていたけど、アメリカの産科医はもっとひどい目にあっているようだ。

「ルポ貧困大国アメリカ」によると、

アメリカの産科医は収入の半分が損害賠償保険の費用で消えることも珍しくない。

リスクの高いERや産婦人科の医師の中には、年間5万ドルだった保険料が22万ドル(2200万円!)に値上げされて廃業したケースも。

産科クリニックを廃業したハリソン・ホワイトは「ただでさえ人工中絶を行う産科医は中絶反対運動家に殺害されるリスクまであるんですよ。その上保険会社からの請求書に、訴訟の恐怖、製薬会社からの圧力と、産科医になることにはデメリットが多すぎるんです」

ドラマのERでも、妊婦が死んでグリーン先生が訴えられて大変な目にあってた。
これNHKで放送してたんだけど、NHKは覚えてないんだろうか。
「1977年以降、北米の中絶病院では8万件近い暴力事件が起きている」といっていたのは「世界を見る目が変わる50の事実」
アメリカでは今でも大統領選挙で中絶の是非が問題になるようなお国がら、医師を殺害した人に賞金を出すサイトまであるとか。
日本の産科医は、殺されないだけましなのかも。

「ルポ貧困大国アメリカ」にはもう一つ興味深いところがあって、アメリカの乳幼児死亡率が医療自由化の影響で先進国中トップ。
この高い乳幼児死亡率に支えられて、臓器移植が盛んに行われているのだろうか。

関連

東京海上の医師向け賠償責任保険

中絶反対派の過激ウェブサイトが勝訴 WIRED VISION

 ワシントン発――米連邦控訴裁判所は28日(米国時間)、血まみれの胎児の写真と中絶専門医を「指名手配」とするポスターを掲載して訴えられていたウェブサイトに対し、引き続きウェブサイトを運営してもよいとの判決を下した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)