パソコン・インターネット

2009/02/19

クローズアップ現代でボットの脅威

知らぬ間にパソコンが他人にコントロールされてしまうウィルス「ボット」
ネット犯罪の踏み台として利用されてしまう。

スタジオでボットの脅威について語っていたのは神戸大工学部の森井教授。
海原雄山のような髪形が気になる。

ネット接続業者の「J:COM」では、ボットに感染している利用者の家を回って駆除をしている。
女性利用者のパソコンをウィルスチェックしてみたところ、たくさんのボットが検出され、そのまま駆除することになった。
頑張っても1日に回れるのは4件までだという。
日々増殖し続けるボットに対して、焼け石に水だ。

NHKはボット対策として、とりあえず総務省と経済産業省が作った「サイバークリーンセンター」でチェックすることを勧めたが、アクセスが殺到してしばらくつながりにくい状態が続いた。

これから「あなたの家のパソコンがボットに感染している疑いがあります」と言って家に上がりこむ詐欺が流行りそうだ。

関連

クローズアップ現代 あなたのパソコンが乗っ取られる

神戸大学 教養原論「情報の世界」講義(大学院工学研究科 森井昌克 教授)

サイバークリーンセンター

痛いテレビ: IPAの職員がウィルス感染&浮気画像流出

ウイルスバスター2009 3年版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/11

中日新聞がニコニコからデビューのラッパーを紹介

10日の中日新聞夕刊にニコニコ動画からメジャーデビューした「らっぷびと」の紹介記事。
絶望先生のテーマ曲「人として軸がぶれている」のアレンジや、「ひぐらしのなく頃に」をモチーフにした曲が話題と紹介。
ニコニコ動画のネガティブなコメントを「ディスる」と表現していたのがおもしろかった。

中日新聞はドアラでおいしい思いをしてから、ニコニコやYou Tubeといった動画サイトに好意的。
もしかしたら一番ネットで成功した新聞社かもしれないな。

関連

らっぷびと - Wikipedia

軸がぶれまくり!! ネット発「らっぷびと」を取材した

All Day,All Night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/08

無理な取り扱いしてるのはお前だろ!

371427

あえてつっこませて話題にする「ツッコミマーケティング」だという話もありますが。

ソニーのは画面が細かすぎるし、VISTAで重いからASUSのほうがよさそう。

 

ASUS N10JC XPバージョン 10.2inchTFTカラー液晶 N10JC-HV006
B001MWTQN2
ASUSTek  2008-12-06
売り上げランキング : 5664

おすすめ平均star
starパソコン中級者向けのベストバランスなノートPC

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/01/05

IPAの職員がウィルス感染&浮気画像流出

 NHKニュースより

独立行政法人、情報処理推進機構(IPA)の男性職員がファイル交換ソフトで暴露ウィルスに感染、浮気画像などプライベートなものから援助交際モノのダウン履歴までご開帳してしまった。

→IPA職員の私物パソコンによる情報流出について IPA

IPAとは、コンピューターのセキュリティなどを調査するところ。
そこに勤める職員がエロ動画のみならず、市販ソフトを違法に入手していたとあっては懲戒免職もの。
不十分な処分で終わるようであれば、IPAは税金泥棒の天下り組織と批判されても仕方ないだろう。

関連

「おそらくShare」 IPA職員が情報流出に使ったファイル交換ソフト CNET

ネットのウイルスを監視するIPA(独立行政法人 情報処理機構)職員、Winny/Shareの殺人系ウイルス(通称 シャレタマ)に感染し、個人情報をネットにばらまく→IPAが1/4付で「おわび」をサイトに掲載 天漢日乗

Winnyの技術

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/03

グーグルマップで情報だだ漏れ!女性の住所に倒産情報

NHKスペシャル“グーグル革命の衝撃”あなたの人生を検索が変える

グーグルマップ「公開」に注意 意図せず個人情報掲載 asahi.com

グーグルマップに目印を付けることができる機能「マイマップ
このマイマップがデフォルトで「公開」だったため、予期せず重要情報を公開してしまった人たちが続出してしまっている。
朝日新聞の記事に刺激を受けた2ちゃんねらーはさっそく行動を開始。

  • 警察の不審者情報
  • デリバリーヘルスで働く女の子
  • 出会い系で引っかけた女の子
  • 倒産寸前の企業
  • 顧客リスト

などのマイマップが報告されている。
本当に洒落にならないので2ちゃんねるのスレッドも紹介しない。

少し前にもグーグルは住宅地の路地やラブホテル街や通行禁止の場所などに入り込んで撮影して非難を浴びたばかり。
アマゾンのウィッシュリスト(ほしいものリスト)でも同様の事件が起きていた。

グーグルは日本人をなめきっていて、英語で書かれたハガキを送ってきたりする企業。
日本の文化を理解するつもりはなく、ローカライズするつもりもない。
今回も利用者の自己責任と言い逃れするのだろう。

関連

Amazonでレビューを書くと本名が晒される

GoogleとかAmazonの日本法人って意味あるの?

ウィッシュリスト、日米の異なる文化が生んだ悲劇

ストリートビュー問題を追究し続ける高木さん

高木浩光@自宅の日記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/20

GoogleとかAmazonの日本法人って意味あるの?

グーグルもアマゾンもアメリカに本社がある。
だから両者とも日本になじんできているといっても、たまに日本人の感覚からするととんでもないことをやらかす。
グーグルはストリートビューとか言って住宅地の路地やラブホテル街を写真取って回るし、アマゾンはウィッシュリストとか言ってほしいもののリストと住所をセットで世界じゅうにさらす。
これが日本人だったら、感覚的にちょっとそれはないわと思うわけで、日本法人というものがあるんだからそこでストップするなり、サービスをローカライズするなりしなくちゃいけない。
そういうのが、グーグルとかアマゾンとかにはないんだよね。
日本法人が無能な社員ばかり囲っているのか、それとも本社との意思疎通ができていないのか、そもそも発言権がないのか。
いずれにしても良くないことだし、もったいない。
日本のニュースでも、伝わってくるのはアメリカ本社のことばかり。
両社とも、日本法人の影は薄い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/01/24

話題の検索サイト百度で色々検索してみた

まずは、中国の検索エンジンということで、中国で検閲されている言葉を検索してみた。

天安門事件

Photo

天安門事件(Google)

G

法輪功

Photo_2

法輪功(Google)

G_2

気持ちGoogleの方が事件について出やすいかなという感じはあるが、それほど差はないように見受けられる。
少なくとも今のところは、検閲されていないようだ。

次に画像検索を試してみる。
GoogleやYahoo!の画像検索にはアダルトフィルターが設定されているが、百度にフィルターはかかっていないようだ。

百度のまとめ

心配していた政治フィルターは認められず、アダルトフィルターもかかっていないようだ。
何よりうっとうしい広告が無いというのが最高。
そのうち広告が載ってくるかもしれないけど、現時点では最高の検索エンジンだ。
問題点はうちのブログがかかってこないことぐらいだろうか。

関連
「天安門事件」「法輪功」サイト見つからず――中国版Googleの検閲実態 ITmedia
Google.cnで検閲される単語リスト GIGAZINE
日本では検索エンジンそのものが違法らしい [Z]ZAPAブロ~グ2.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/06

テラ豚丼騒動における著作権侵害について

 報道目的と称して著作権侵害を堂々と行うテレビ局。

続きを読む "テラ豚丼騒動における著作権侵害について"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/08/31

Googleが「ググる」を禁止する理由+

Googleが「ググる」を禁止する理由に補足。

日本語の「ググる」はOK? CNET Japan

 この件について日本法人のグーグル広報部では、「多くの人にグーグルを知ってもらうきっかけともなるため、大変うれしいこと。米国ではgoogleという社名そのものが動詞として使われていて、商標に問題が生じる可能性もあるため対策を取ろうとしているが、日本の場合は、グーグルという言葉ではなく、 “ググる”と変化した形で使われているため、特に問題にはならないだろう」と述べた。

Google以外にも商品名や企業名が一般化したものは多い。

続きを読む "Googleが「ググる」を禁止する理由+"

| | コメント (1228) | トラックバック (155)

2006/08/18

Googleが「ググる」を禁止する理由

グーグル、「ググる」の使用に難色 CNETJapan

 同社の関係者は、「『Google』という言葉を使ってGoogleを使ったインターネット検索を表すことと、『google』という言葉を使ってインターネットの一般的な検索処理を表すこととは明確に区別することが重要だと思う。商標に関する深刻な問題が絡んでいる」と述べている。

続きを読む "Googleが「ググる」を禁止する理由"

| | コメント (772) | トラックバック (298)

より以前の記事一覧