« サイバーファーム破綻 | トップページ | もう一つのあるある事件 »

2009/02/03

おせん「テレビを信用しちゃいけねぇ」

日本テレビでドラマが放映された漫画「おせん」
作者がドラマのひどい出来に怒り心頭、放映中にも関わらず「イブニング」での連載がストップするという異常事態に陥っていた。
そして先週発売されたイブニングでは、テレビを批判するストーリーが展開。

おせんの料亭「一升庵」を取材したいとテレビからの依頼。
取材に反対する板長に、おせんは不安に理解を示しながらも、とりあえず受けてみることを提案する。

 

ところがテレビ局の偉い人が、予定になかった「Jニーズ事務所」のタレントをねじ込む。
板長の不安が的中し、物語は次号へと続く。

ドラマの「おせん」でも、ジャニーズ事務所の内博貴が出演している。
内が演じた「江崎」というキャラクター、原作では旅館の後継ぎでおとなしい性格なのだが、ドラマではなぜかレストランに勤めていたやんちゃな男という正反対の設定にされてしまった。
タレントのイメージと違うという理由で変更されたのだろうか。
この他にも意味不明の設定変更が繰り返され、ストーリーが破綻してドラマはひどいありさまになっていた。

ドラマに口を出すジャニーズに嫌気がさし、ジャニーズ離れの動きも広がっている。
大ヒットした「のだめカンタービレ」
当初TBSでドラマ化される予定だったが、ジャニーズ事務所が脚本の変更、クラシックの話なのに主題歌をV6に歌わせろと要求したため原作者の二ノ宮知子が激怒して白紙になってしまった。
その後の展開はご存じの通り。

また、インターネットで番組を配信しているNHKは、配信に消極的なジャニーズ事務所のタレント起用を避けるようになっているという。

おせんと同じ枠で、モーニングの「神の雫」を原作にしてジャニーズの亀梨を主役にしたドラマも5%という低視聴率にあえいでいる。
日本テレビは何度同じ過ちを繰り返せば気が済むのだろうか。
いいかげん、学習してもらいたいものだ。

関連

おせん 日本テレビ

内の顔だけ画像処理されてイラスト調になっている。
ジャニーズ事務所はかたくなにネットでの顔写真利用を認めようとしない。

おせん - Wikipedia

作者はこのドラマを見て、原作とのあまりの相違にショックを受けたために創作活動を行えなくなり、連載が突如告知なしで中断する事となった。作者本人は、作品とは作者にとって子どものようなもので、その子どもが嫁に行き、「幸せになれるものと思っていたら、それが実は身売りだった」と語っている。

きくち正太 - Wikipedia

珍品「ガラスペン」を使い、一本の線にもこだわっていた人だけに、原作レイプは耐えられなかったか。

内博貴 - Wikipedia

狂信的なジャニオタの手によるものだろうか、菊間元フジテレビアナウンサーとの飲酒事件はなかったことにされている。

「将棋」「Nスペ」などが人気のNHKオンデマンド、著作権問題の苦労は CNET

看板番組のひとつである大河ドラマにおいて、あるインターネットでの配信に消極的な芸能事務所の俳優やタレントが複数年出演していましたが、2007年分からは出ていないようです。NHKオンデマンドを開始したことの関係はあるのでしょうか。

 否定も肯定もできませんが、少なくとも起用していれば(過去の人気番組を配信する)「特選ライブラリー」に大河ドラマを持ってくることはできなかったでしょう。

天漢日乗: NHK、ジャニーズJr.主演ドラマ「バッテリー」の撮影で勝手に車のナンバーに紙を貼る不始末→テレビのロケ隊は「何様」

おせん 15 (15) (イブニングKC)

|

« サイバーファーム破綻 | トップページ | もう一つのあるある事件 »

日本テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヒロインも論外だったけど
酸いも甘いも噛み分けた大人の女→知った風な口をきく、上から目線の小娘

投稿: | 2009/02/06 08時51分

テレビにとって創価学会とジャニーズがテレビ最大のタブーですからね、もっとも変態毎日新聞は創価学会の批判記事は掲載できないけど、オタクやインターネットの掲示板批判はできるという事らしいので

投稿: | 2009/02/07 08時06分

J事務所に限らず、上杉謙信になったガンオタミュージシャン(G氏)も酷いよ。
新潟県の某市で夏に開催される上杉謙信のお祭りで、一般参加の人もいるのに彼ら自身の記念写真を撮ることを禁止し、近づくことも禁止、リハーサルの時間変更、お祭り本番の時間も変更、そしてリハーサルにいろんな一般人を付き合わせた挙句にリハの中身は取り消し、全く違うことを本番でやりやがった。

謙信公祭に行った人を探して裏をとってね。

投稿: | 2009/03/10 12時58分

漫画おせんのファンの一人です。
ドラマは原作ファンの私にとって、すごく残念な出来・・・というより、原作ファンとしては怒りも覚えました。
原作の世界観がまるっきり無い・・・、韓国とか中国の出来の悪いパクリアニメを見ている感じでした。
漫画の作者でもあるきくち正太さんの怒りは、もっともだと思います。

投稿: | 2009/03/13 00時14分

私自身は忘れていたんですが、嫁から聞いた一言。
ドラマの第一話を見た後に、こう言ったそうです。
「おせんに色気がねぇ」

投稿: | 2009/04/12 12時50分

J最悪。逆らえないプロデューサーもダメ。
料理に限らず「モノ作りのなんたるか」を作品の中で何度も言っているのに、そういう作品なのに、贋物にしやがった。
製作スタッフは当然原作を読んでいるはず。
そして余程のバカでない限り、出来上がりと原作の差は理解るはず。
それでもなお、あの仕上がりにするしかなかったのだとすれば、もう同情するしかない。

投稿: | 2009/04/14 13時31分

おせん以外にもドラマ有閑倶楽部も酷かった。
主役を変えキャラ設定を無視し、男性主要キャストは全部Jタレント。どっから見ても日本人顔を金髪かつらで「外国人」と押し通す強引さに唖然とさせられた。ゲスト出演者までJで通す始末。

堪えられず原作ファンを馬鹿にしてるのかとテレビ局に抗議した。

投稿: | 2009/04/15 20時32分

実写版は色気がねえ

投稿: しん☆ちゃん | 2009/05/15 16時22分

確かにドラマひどかったけど作者も何だかなあ

「嫁に出した?」
違うよ。契約じゃん。ドラマ化の権利の売買じゃん。
あなたがおせんを「売った」んじゃん。

なんで、その時に自分の譲れない部分、詰めとかないの?
スタッフ決まった時も何も言わなかったの?
脚本だって見せてもらえばよかったじゃん。
原作者なんだから、ロケだって見に行ったらよかったじゃん。

自分は一切、動かないでおいて、出来上がってから
「あんなのとは思わなかった」って、挙句の果てに
ショックで休載?子供じゃないんだからさ。
世間知らずもいい加減にして欲しいもんだ。

浦澤直樹は「二十世紀少年」の撮影には、最初から関わり、
現場に行ったり双方が納得するまで口を出したそうな。
そんなに原作と離れないものを作りたいんだったら、そこまでやんなよ。

おせんの口から、あなたのTV業界に対する怨念を語らせないでよ。まっとうって、何よ?
本当にがっかり。

投稿: 京 | 2010/07/13 09時55分

原作を読んでいない者です。
ドラマはきっと皆さんが怒るほど原作の世界観を壊していたのですね。
それは残念です。
ただ私は、あの時期毎週このドラマに救われました。
オープニングはなんでか涙がでてしまう情動に襲われ、本編では蒼井さんのセリフやたたずまいにほっこりして、また明日からがんばろうと思えました。
続編を期待していたのですが、出来栄えは原作者の方が激怒しているほどひどいと聞いて残念に思っています。
自分の作品をいいように変えられるつらさは経験があるので原作者の方の気持ちはよく分かります。今度原作を読ませていただこうと思います。
ただあのドラマに救っていただいた時間が私にはありましたので、通常書き込みはしないのですが、今回はちょっとあのドラマにありがとうを書き込ませていただきます。
特にオープニングさん、蒼井さんありがとうございました。

投稿: めがね | 2010/09/07 00時16分

蒼井優ちゃんはよいのですが『半田仙』のイメージとは違いますよね…
その時点で観る気になれなかったので中身は全然わかりません
最近は漫画がドラマやアニメになっても原作に忠実な物も増えてきてはいますよね
『のだめ』は逆にTVから観はじめて原作でも楽しませてもらいました。
ドラマから原作に辿り着いて『おせん』の本当の良さが伝わる事を祈ります。


蒼井優ちゃんはテル子ちゃんが合ってる気がするんですが

投稿: さい | 2011/01/16 05時50分

原作を読んだこと無い者の視点で言わせてもらえば

ドラマとしてはそれほど悪くない出来だったと思いますよ。
所々つじつまが合わない部分があったことは否めませんが…
まぁそれはこのドラマに限った話じゃないし…

それに、原作とは大きくかけ離れてしまったドラマなんて過去にも多数ありました。
今に始まったことじゃありませんよ。

原作の有無にかかわらず、見るに堪えない内容のドラマなんて山のようにあります。
普段めったにドラマを見ない自分が毎週見てた数少ないドラマの一つです。
そういう意味では、原作を知らなかった人間にとっては良質なドラマの部類に入ってたんじゃないかと思いますよ。


作品に愛情があるなら前出の浦沢氏のように最後まで愛情を注ぎ続ければ良かっただけの話です。
それを怠っておいて、テレビ局へ抗議するならともかく、連載の中止で迷惑を被るのは出版社やファンであって
話題になって得するのはむしろテレビ局の方ですから!
もう少し大人の対応が出来たんじゃないかって思います。

投稿: | 2011/02/16 02時33分

ひどかったという意見もあります。 まあそれももっともだと思います。
「原作からかけ離れていた」という意味からすると、駄作と言うよりも凶作?
いや、狂作かも知れません。

でも、私も原作を読んできた一人ですが、現在のTV枠の中で民放の方が作るのならば
あれくらいが精一杯なのでは無いでしょうか?

本当に作り込みたいのであれば、むしろNHKあたりに依頼すれば良かったのでは、と
私は今でも思っています。

唯一の救いは、着物が綺麗だった事と料理が美味そうだった事ですかね^^

投稿: ころころ | 2012/01/24 09時55分

原作愛読者で着物もある程度わかる者です

残念ながら、
着物のコーディネートもイメージがかなり違ってました、テレビ版
原作から考えるとありえない物ばかりなんです
着物ショップと提携していたので仕方なかったのでしょうか

原作のおせんさんは普段着用にあんなチンドン屋みたいな着物の着方はしないし、
京都風のはんなりともちょっと違う

江戸っ子の「粋」な格好いい着物っていうのがちゃんとあるんです
カラフルな着物を目立つ為にパフォーマンスで着ている不思議ちゃんじゃない
俳優さんには似合っていたかもしれませんが、決しておせんさんの着物ではないです

きくち先生ももちろん着物にはお詳しいでしょうから、
写真を見て本当にびっくりされたと思います……

正直こんなひどい出来なら作らないでほしかった
なんで自分の大好きな作品が
運悪くこんな目に遭わないといけないんでしょうか

投稿: | 2012/02/23 02時57分

原作者を責めている人は、何様のつもりでしょうか?
原作者がもしテレビ局の実態やドラマ作りの現実を知らない人なら、安心して任せてしまっても仕方ないと思います。

原作者はきちんと一所懸命に自分の作品を作ってきたのです。十分に務めを果たしています。
ドラマはあくまでその原作を参考に制作されるものです。原作の世界を壊す権利はありません。
壊した連中が悪いのであって、原作者にはなんら非はありません。

投稿: | 2012/07/21 01時38分

上のコメントの続きですが、原作者は漫画家ですから、漫画を描くことが仕事です。
ドラマを作るのはテレビ局ですから、ドラマの出来具合の責任はテレビ局にあります。

当時、原作者がショックで休載してしまったのは当然です。最貧を愛している証拠です。
「ショックで休載?子供じゃないんだからさ」と言ってる人は、人の心が分からない冷酷者だと言わざるを得ません。

投稿: | 2012/07/21 01時51分

すごい誤字があったw
>最貧を愛している証拠です。

これ「作品を愛している証拠です」に訂正します。

投稿: | 2012/07/21 01時54分

小学生で子供だったけど原作にはすごく感動して、おせんさんに憧れてた。
数年後、ドラマ化すると聞いて家族でワクワクしながら見たけど、本当に泣きそうになったぐらい酷かった・・・。
その前から漫画の原作レイプを見てきてて耐性はあったし、おせんさん役が蒼井優の時点である程度の覚悟はしてたけど、ここまでとは思わなかったなぁ。
家族全員で「こんなのはおせんじゃない!!!」って文句の嵐。今思い出しても悔しい。
役のイメージがあわないとかセリフが違うとかいうレベルじゃないからね。ペラッペラ
その後も色々アニメ化実写化でショックをうけたのはあるけど、おせんだけは許せないね。
真っ当を受け継ぎ繋がれてなかった。

投稿: | 2013/02/14 01時35分

あれは本当になかったわ。
『絶対彼氏』もそうだけど原作と全然違うドラマなんかいらないと思う。
何より原作者さんに失礼すぎる。
演じる人はキャラクターに合わせて選ばなきゃ駄目。
設定を役者に合わせるのはおかしい。
スタッフが悪いわ。

投稿: | 2013/03/05 22時27分

浦沢先生は過去にもアニメ化の経験があるからね。
もしかしたらその辺りの経験から「原作者として、最後まで口を出す」って選択になったのかも知れないし、
作品の総発行部数としても、いわゆる重鎮の一人に違いない訳で。

そんな経験どころか、そんな話が自分のところに来ると予想もしてなかったであろう、基本的にはマイナー系
雑誌で懸命に仕事をしてる、釣りとオヤジギャグ好きな田舎育ちのオジサンである、きくち先生がだよ?

急にゴールデンタイムのドラマの話来たぜ!とか編集に言われてさ、マジっすか!?みたいな感じでさ。
その話を持って来た編集との信頼関係なんかもあるだろうし、自分ホントそんなのわかんないんで、
どうぞ可愛がってやって下せぇ・・・ってな流れで任せたとしたって、そりゃ仕方ないんじゃないかねぇ・・・

迂闊だって面はあるにせよ、原作となる漫画家の誰もが、アニメやドラマに口出さしてもらうぞ!的な、
(良い意味で、だけど)「図々しさ」を持ってる訳じゃないだろうし、それが許される訳でもないんじゃない?

「言いたい事は、漫画で言う」のも、漫画家として当然のスタンスだと思うし、事実「バクマン」でも
模倣犯が出たときにそうやって乗り越えて行く話があるよね。

まぁ何が言いたいかっていうと、俺は獣王バイオをリアルタイムで読んでたよってことだ。

投稿: | 2013/06/04 13時58分

でもまぁ、

>テレビ局へ抗議するならともかく、連載の中止で迷惑を被るのは出版社やファンであって
>話題になって得するのはむしろテレビ局の方です

ここは激しく同意だな。

投稿: | 2013/06/04 14時05分

自分は骨董収集が趣味で、漫画版のおせんは陶磁器も時代や産地が分かる程しっかり描かれているので、大好きです。

しかし、ドラマ版の小道具はそれらを完全に無視した現代的なデザインの品物だったため、がっかりしました・・・・・
高価な骨董品を使えというわけではありません。実質的にもそれは難しいでしょう。

しかし、古い時代の品物と同じデザインのものが現在も作られ、安価で買うことができます。
少し気を付ければ原作に近い形にできたはずです。

完全にそれらを無視してドラマを作ろうとする姿勢はいただけません。
きくち先生も骨董収集をされているとのことですし、その点でも失望されたのだろうと思います。


投稿: | 2013/06/18 19時59分

蒼井優を。もっと上手く使って欲しかった。

珍品堂は、國村隼 でしょ。

投稿: 砦食米国 | 2013/08/12 11時03分

基本的に原作者はドラマ・映画に関与できないことを知っておけ

投稿: 無名 | 2013/11/16 16時51分

別作品が読みたくて購入したイブニングで初めてこの作品を拝見。
独特な作風とストーリー展開に興味を持って、成り立ちを調べてみようとしたらここにたどり着きました。
ドラマは「そういえばあったな」って感じですね。確かに、この艶っぽいおせんさんの役は
あの女優さんには演じきれなかったかも。当時旬の女優でしたが、愛嬌はあっても美人ではありませんしね。

投稿: | 2013/11/17 00時06分

こういうジャニ作品をマンセーしてる輩も罪があると思うよ。
上にいる作者批判してる狂ったジャニヲタとかさ。

投稿: | 2014/04/08 09時45分

原作知らんけど
TVは面白かったよ!

投稿: | 2014/06/14 02時42分

低湿なジャニ番組程度で賞賛してるような奴らがこういう事態の片棒を担いでるよね。
わたしは満足してるんだから別にいーだろ、餓鬼の言い分かよ。ジャニヲタの客なんか最初から誰も数に入れちゃいねーよ。

投稿: | 2014/07/13 18時20分

ドラマ作った人は、何がしたかったんだろう。
漫画が人気があってドラマ化するなら、原作に忠実でいいじゃん。
何で、自分なりの解釈しちゃうのかな?
自分なりの解釈でドラマ作るなら人様のものを借りるなよ。
一から自分なりの解釈でオリジナルのドラマ作れよ。

投稿: | 2014/09/26 15時36分

ジャニーズが特別好きじゃないじゃけど極端に嫌う人はなんだかうざい
ドラマの出来が悪いことがショックで連載を休むなんて社会人として失格
この点まで彼を擁護するのはバカというかクズだ

投稿: | 2014/10/28 11時38分

ジャニーズが特別好きじゃないじゃけど極端に嫌う人はなんだかうざい
ドラマの出来が悪いことがショックで連載を休むなんて社会人として失格
この点まで彼を擁護するのはバカというかクズだ

投稿: | 2014/10/28 11時38分

どんなことがあっても心を殺して働くのが社会人としての務めだとでもいいたいのかな?
大切な人が亡くなっても、恋人と別れても、明日世界が終ろうとも社会のために働いたらいいんじゃないかな。

あと、芸術家は作品制作に精神状態が大きくかかわってくることも想像できないのか。
機械的な仕事をされている社会人様は言うことが違うな。

投稿: | 2014/11/07 00時15分

漫画は読まないので原作はわからないのですが、内が演じた江崎というキャラクターは反吐が出るほど癇に障り場違いだったのは確かだと思います。
一方、ドラマとしては蒼井優さんが演じた「おせんさん」はとても人の心を温かくしてくれるものだったと思いますし、名演技だったと思います。
原作とかけ離れていることですので、原作者がお怒りになるのは当然のことですし、原作者のファンの方にとってもやりきれない思いだったことは想像に難くありません。

日本のマスコミの在り方もどこかでしっかりと再構築してくれるとありがたいですが、きっとそういうことって起こり得ないのでしょうね。力を持ったバカの集まりというのが、一番始末に負えないものです。

「おせん」を原作にしたものではなく、もう少し真面目なドラマで蒼井優さんの演技をもっともっと生かせるドラマで再度作り込みをしてくれるとうれしいですね。
今となっては見ることはできないので、逆輸入でDVDでも購入しようかと思っています。
Jニーズのタレントも、全員が全員ではないですが、空気が読めないというのか、作品としての全体像を壊さない様に振舞ってくれるとありがたいですね。
もはや老害なのでしょう。
芸能界という夢を売る世界であるはずの仕事で、力を持ってしまったがために、我を通そうとして結局作品の出来が悪くなってしまっているのでは本末転倒だと思います。
きっと、Jニーズでなければ良い役者に育つことができた人も居るのだろうに、残念なことです。

投稿: | 2015/05/05 12時44分

漫画の実写化で監督がその原作を好きできちんと尊敬して作品を作ってる例なんて、ほぼ無しと言っていいと思います
スタッフや役者さんならともかく、もっと偉い人がきちんと作品に向き合って作ってくれるなんて思わない方が良いですよ絶対に
というわけで、そもそもドラマ化しちゃったのが運の尽きというか
駄作になる事が決まっていると思っておいた方が良かったんじゃないですかね

投稿: | 2015/09/27 20時21分

ショックで連載を休むなんて社会人として失格 みたいな考えがいまの日本を作ってきたね。
そろそろ洗脳から目を覚ませよ。その考えで得をするのは上で甘い蜜を吸ってるテレビ関係者みたいな寄生虫共だけだよ。

投稿: | 2015/12/06 18時35分

書店経営者です。
コミックや小説がドラマ化、映画化されることに対して複雑な気持ちをもっています。
メディア化された作品の半数以上(よく見積もって)の原作が売れなくなります。

原作は作者さんの熱意や愛に満ちていて、魅力満載なのに、
「カス」としか言いようのない俳優やその演技と制作側の想像力の乏しさが全面にでた脚本、舞台。

これを見た一般視聴者の皆様は
「あっ、この作品見た。まあまあだったよね。」
と悪い先入観を持たれて、原作の良さを知ることもないまま手に取られなくなります。
そこにあったはずの素敵な出会いを台無しにされるのです。
そして原作は売れなくなり評価を下げます。
テレビや映画による原作の食い潰しです。

テレビ、映画の製作者の皆様へ謹んで申し上げます。
原作者の方はそれこそ血の滲む思いをして作品を産み出されます。
私たち書店員はそんな大切な作品をお客様へご案内して一冊、一冊、販売いたします。
読者となられたお客様は作品を愛し、それこそ森の腐葉土のように
心に積もらせ、豊かな教養の素とされます。まさに作品は自身へとなるのです。
大切な作品です。
作る力、表現する力、成し遂げる想いがないのなら、どうかご遠慮ください。


投稿: 書店文久 | 2016/03/14 21時02分

実に現実も知らずに思い込みだけでどちらかを批判して悦に入る莫迦者だらけで笑えるコメント蘭でした

投稿: | 2016/03/24 06時57分

だよな。俯瞰できてる俺らかっこいいよな

投稿: | 2016/03/24 10時10分

ドラマのオンデマンドを申し込むにあたり、真っ先に視たいなと思っていたのは、「おせん」でした。
そして、このサイトに迷い込み、戸惑っています。
原作を知るからこそ、ドラマを無垢な気持ちで見られなくなると言うことがある。
原作を知らないで、良かった。
ドラマを見て原作に手が伸びると言うのも多々あることですよ。
原作とドラマ、何でこんなに違う?と思ったけど、両方好きになれたのは、流星の絆、です。
おせん、もう一度ドラマが視られたら、原作、いってみようかな?

投稿: ふう | 2016/10/29 17時56分

残念だけどその程度の漫画だったってことでしょ笑

投稿: | 2016/12/27 12時11分

余り内容を変え過ぎると原作と呼べなくなる。まずファンを失望させないことは考えるべきだと思うよ。逆にドラマで気に入って原作でがっかりとかもあるだろうし。原作は大事にした方が、結局は良いね。

投稿: | 2017/04/01 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69904/27720322

この記事へのトラックバック一覧です: おせん「テレビを信用しちゃいけねぇ」:

« サイバーファーム破綻 | トップページ | もう一つのあるある事件 »