« 「若槻千夏チャリティTシャツ」が寄付金を辞退される | トップページ | ネズミ講の始まり »

2009/02/19

クローズアップ現代でボットの脅威

知らぬ間にパソコンが他人にコントロールされてしまうウィルス「ボット」
ネット犯罪の踏み台として利用されてしまう。

スタジオでボットの脅威について語っていたのは神戸大工学部の森井教授。
海原雄山のような髪形が気になる。

ネット接続業者の「J:COM」では、ボットに感染している利用者の家を回って駆除をしている。
女性利用者のパソコンをウィルスチェックしてみたところ、たくさんのボットが検出され、そのまま駆除することになった。
頑張っても1日に回れるのは4件までだという。
日々増殖し続けるボットに対して、焼け石に水だ。

NHKはボット対策として、とりあえず総務省と経済産業省が作った「サイバークリーンセンター」でチェックすることを勧めたが、アクセスが殺到してしばらくつながりにくい状態が続いた。

これから「あなたの家のパソコンがボットに感染している疑いがあります」と言って家に上がりこむ詐欺が流行りそうだ。

関連

クローズアップ現代 あなたのパソコンが乗っ取られる

神戸大学 教養原論「情報の世界」講義(大学院工学研究科 森井昌克 教授)

サイバークリーンセンター

痛いテレビ: IPAの職員がウィルス感染&浮気画像流出

ウイルスバスター2009 3年版

|

« 「若槻千夏チャリティTシャツ」が寄付金を辞退される | トップページ | ネズミ講の始まり »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

NHK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69904/28219935

この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップ現代でボットの脅威:

« 「若槻千夏チャリティTシャツ」が寄付金を辞退される | トップページ | ネズミ講の始まり »