« 【速報】カルデロン一家全員での在留認めず | トップページ | 「東京五輪に賛成7割」は捏造か »

2009/02/13

偽装認知で中国人逮捕

不正認知で子供に日本国籍、中国人逮捕…服役男性の名前悪用 読売

 外国人女性が妊娠した子供を日本人の父親が認知すれば日本国籍を取得できる「胎児認知制度」を悪用し、中国人男女の間にできた子供を不正に認知させたとして、警視庁は13日、いずれも中国籍で、東京都豊島区池袋、無職沈楠(28)と無職王宗(29)、ブローカーの足立区西新井本町、郭清清(34)の3容疑者を有印私文書偽造・同行使などの疑いで逮捕したと発表した。

有印私文書偽造・行使ぐらいだと、大した罰もないわけで。
警視庁がDNA鑑定して判明、国籍法改正で出産後認知が可能になったというところも記事で注目したいところ。

“偽装認知” 中国人3人逮捕 NHKニュース

警視庁によりますと、3人は去年1月、沈容疑者と王容疑者の間にできた妊娠中の子どもを日本人の56歳の男性との間にできた子どもと偽り、この男性が認知したとするうその届け出を東久留米市役所に提出した疑いなどが持たれています。妊娠中の子どもを父親が認知する制度は「胎児認知」と呼ばれ、生まれた長女は男性の子どもとして日本国籍を取得しながら、沈容疑者と王容疑者が育てていました。東京入国管理局によりますと、日本国籍の子どもの養育者となると、日本での永住資格を得やすくなるということです。

中国人の女性が「日本人男性」との間にできた子供を「中国人男性」と育てるという手口は、以前クローズアップ現代で特集していた。

偽装認知 不法滞在新たな手口 クローズアップ現代

そんな中、主に中国人犯罪者の間で、「偽装認知」という不法滞在の新たな手口が広まっている。中国人同士の子供を、謝礼と引き替えに日本人に「認知」させ、子供に偽の日本国籍を取得させることで、母親自身も不法滞在から合法滞在に変えさせる手口である。プライバシーや人権擁護の観点から、現状では当事者が秘密の暴露をしない限り、「認知」の真偽は、入管や警察当局にも、殆ど見破ることが出来ない。

子どもを利用して親が不法滞在。
人権を隠れ蓑に摘発逃れ。
クローズアップが放送されたのが2005年で、目立った摘発もなかったということがこの手口の有効さを示している。
不景気で戸籍が汚れてもいい人が増えてるし、偽装結婚や偽装認知はこれからも増えていくだろう。

関連

痛いテレビ: TBSが国籍法改正を肯定的に報じる

|

« 【速報】カルデロン一家全員での在留認めず | トップページ | 「東京五輪に賛成7割」は捏造か »

中国」カテゴリの記事

犯罪・防犯」カテゴリの記事

NHK」カテゴリの記事

コメント

現在、国民に背番号をつけるプロジェクトチームがあるけど、
将来背番号がつけば戸籍は不要だと認識しないといけないような。
戸籍のあり方にも疑問がいっぱい。

投稿: マイトラ | 2009/02/13 22時34分

腹立たしい限りだ。

投稿: サリューセット | 2009/02/14 00時27分

まあ、しかし、今回怪しいということで、DNA鑑定を実施したわけで、これで「怪しい件にはDNA鑑定を」という運用を一般化できるのかもしれません。DNA鑑定を拒むこと自体が怪しいという判断材料にもなるしね。

投稿: ゆみこ | 2009/02/14 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69904/28056846

この記事へのトラックバック一覧です: 偽装認知で中国人逮捕:

« 【速報】カルデロン一家全員での在留認めず | トップページ | 「東京五輪に賛成7割」は捏造か »