« 報ステにブストス様 | トップページ | ジンバブエ援助のガイドライン »

2008/12/19

年賀はがきの自爆営業

ずいぶん前から郵便局員に年賀状の販売ノルマがこなせなくて自腹切って金券ショップに流してる話は聞いてたけど、今年はより一層ひどいらしいですね。
ちょっと前プレイボーイでやってたけど、今度は中日新聞にも記事が掲載されるほど。

⇒金券ショップに大量年賀はがき 過大な販売ノルマに社員「自爆営業」 中日新聞

 関係者によると、郵便事業会社の販売目標は社員1人当たり平均1万から1万2000枚。1万2000枚に設定された三重県のある支店では、個別に6段階の期限を示し、目標達成度を上司がその都度確認する。誓約書のような文言も書かせられ、「精神的に追い込まれる」と、苦悩する社員もいるという。

今年の年賀はがきも4億枚が売れ残ったんだから、いい加減刷る枚数減らしゃいいのに。
なぜこの問題が環境破壊だって騒がれないのか。
カーボンオフセットとか、再生紙うんぬんよりも、年賀状の枚数を減らすのが一番環境にやさしいに決まってる。
年賀はがきのCMに出てる人は労働者と地球の敵ですよ。

関連

痛いテレビ: 各種エコ偽装まとめ

痛いテレビ: 再生紙を巡る争いの歴史

嵐 櫻井翔コンプリートお宝フォトファイル Omnis (RECO BOOKS) (RECO BOOKS)

|

« 報ステにブストス様 | トップページ | ジンバブエ援助のガイドライン »

環境利権」カテゴリの記事

コメント

2008年

40億発行 30億流通  4億売れ残り

6億 自爆  紙切れが300億に化ける。

さすが民営化


感動した!!

投稿: Q | 2008/12/24 20時19分

郵便局は労働組合破壊され、上からの命令に一切逆らえない職場になった。パワハラ・セクハラ・長時間サービス労働、やりたい放題。

投稿: ヤン・ウインリー | 2008/12/27 06時42分

左巻きは必死だな

投稿: | 2008/12/27 11時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69904/26327294

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀はがきの自爆営業:

« 報ステにブストス様 | トップページ | ジンバブエ援助のガイドライン »